気ままな雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS フリーランスって職業か?

<<   作成日時 : 2016/02/25 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「フリーの○○」っていうのは理解できるのだけど
「職業フリーランス」ってのは未だにさっぱりわからない。
「自由業」って置き換えておけばOKなのだろうか?

先日来ネット界隈で話題の「新卒フリーランス」の方のお話。
「結局何をしたいのかわからない」という結構な数の反響を
「否定された」と受け止めてお友達が火をつけるという
新手のコントのような展開に苦笑していたら素晴らしい一手が・・・

夢を叶えたいなら、否定も肯定もバランスよく摂取しよう

なんということでしょう、このスッキリ感。
おそらくキッチリと仕事している人が「新卒フリーランス」なるものについて
感じていた違和感なり、共感できない点が整理されていて
それでいて激励になっているということでもう完璧です。

Facebookの「いいね」の数を競うようなそんな世界が
世の中のすべてだと思っている方々にお伝えしたい話です。
結局のところ、社会に出てどんなかたちであれ仕事なりサービスを提供すれば
そこには必ず「肯定」と「否定」が存在します。
むしろどちらかだけなんて状態はまともではなくて
そんな世界は北朝鮮のような独裁国家くらいでしかありませんよ。

ましてや自分から「決意表明」をパブリックなところでした以上、
その中身に対して興味を持った人からリアクションを受けることは必至で
その内容を気にするような人はそもそもやらないほうがいいわけです。

だいたい「批判」というか「評価」されるということを恐れすぎ。
別に人格否定しているわけではなくて、フワッとした「夢」に対して
それで大丈夫なの?とか一体何をしたいの?ってレベルなわけですから
今後「イノベーション」を起こすのであれば、きちっと落とし込んであるレベルでしょう。
若さゆえの浅さなのか、そもそも誇大妄想なのかわかりませんが
自分にとって耳の痛いことが有益だと思ったほうがいいですね。

あとやっぱり引っかかるのは「フリーランス」って言葉ね。
冒頭にも書いたように「組織に属さない」って意味ならわかるんだけど
「職業」として使われるとさっぱり意味不明・・・これは言い出しっぺの安藤さんも同様。
最近ではどこでもいっちょ出てくる人をそう呼ぶのかと思うほど。

高知のブロガー大先生とかに代表されるけど
こういう人達ほど「会社組織」を批判というか根拠の無い非難をしていて
それは自分が適応できなかった逆恨みなのかと思うのですが
上のリンク先にもあるとおり、いずれ起業なり独立するにしても
先行したノウハウやらを持っているところで学ぶことは大きな財産です。

それを捨てちゃうってのは余程の自信があるか
価値をわかっていないかでしょう。
(どうも何となくわかっている人ではあったようですが)
ボクは新卒で入った会社に14年近くいますが
今まで多くの人と仕事をすることで学びましたし
社内で異動を繰り返すことでたくさんの経験が出来ました。

結局のところ、こういう蓄積がその人の実力であり魅力になるはずで
「新卒フリーランス」なんてただの就職浪人と変わらないので
そこは誇らずに、イノベーションの方を突き詰めてほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フリーランスって職業か? 気ままな雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる