気ままな雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160310不快な話

<<   作成日時 : 2016/03/10 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これほど胸糞の悪い話もなかなかないだろうと思う広島の中学校の件。
教員のミスは生徒の一生を左右するということを突きつけられました。
そもそも何で別人の罪が無実の生徒に降りかかるのだろうか?

3月10日、木曜日、天気は曇り。
春から一気に真冬に戻ろうとしている東京郊外、どんより。
気がついたら木曜日なんてくらいにここのところ仕事が沢山。
月初ということもあるけど、次年度にむけた検討やらシステム改修やらで
自分だけでは流石に手に負えないこともあってヘルプしてもらっています。
グループ会社の分まで手を広げざるをえないのでドタバタが続いていて
もう少し当事者意識をもってほしいところです。

広島中3濡れ衣自殺の闇

広島中3自殺、真の万引き犯は専願受験が無事通る 校長「一回やらかしたがその後頑張ったから推薦した」

一体これはどういうことなのだろうか?
「冤罪」で生徒が亡くなっているのに、その一方で真犯人はOKとか
こんなもの「ミス」なんて一言で済むような問題ではないわけで
なぜこうなったのか?そして誰が責任取るのか?
広島県なんて教員が組合活動ばっかりしていて生徒は二の次なんだろ?

だいたい教員が今回の件にだんまりなのが気に入らない。
教育評論家とかって連中は何を黙っているのだろうか?
普段エラそうなことを言っている方々はこのザマをどう考えているのか?
こんな理不尽な悲劇を隠蔽しようとしているのだとすれば
それこそ国会前でデモしたらどうだろうか?

“退任会見”でなでしこ佐々木監督が苦言「ゴシップばかりが書かれて」

ゴシップにまみれたなでしこジャパンから得るべき教訓

「スポーツ新聞」に対する批判が徐々に出てきていてホッとするところ。
同時に当事者であるスポーツ新聞は今回の会見をスルーしていて
余程都合がわるいのだろうなと感じさせます。

「代表」ってのは簡単に「引退」できるものではないんですね。
むしろ選手である以上、基本的には目指し続けるもの。
それはカズさんが何度となく話してくれていることで
憶測で面白おかしく記事にするようなことではないでしょう。

もっとも最近では金子、杉山と適当な記事を書く
「ジャーナリスト」がいるからね・・・日本のスポーツマスコミは酷いな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160310不快な話 気ままな雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる