気ままな雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 20161010どっちがプロなのか?

<<   作成日時 : 2016/10/10 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前から思っていたのだけど、最近特に感じる「スポーツメディアの酷さ」
もう少し何とかならないのだろうか?という以上に、一般の方の方が
読み応えのある記事を書いていることが多くて
どっちがプロなんだよと苦笑いも出ないほどだったりします。

強気で豪倒!本田、敵地入りでビッグマウス復活「決勝のつもりで」

豪州は「急いで縦へ」の一辺倒では崩せない!横パス効果的に使う“脱ハリル戦術”を

報道陣“検挙者”続出…ハリル監督 ピリピリムードで非公開練習

本田「俺はモスクワに4年間いた」気温10度も半袖

さて上記の4つは「プロ」のスポーツ新聞の記者の方が書いた記事らしい。
見出し見て読む気が失せるレベルだったりしてトホホなんですけど
それにしてもこの戦術やら試合分析やらとは程遠い内容はなんなのか?
これで「プロ」なんだよ、日本のサッカーメディア(スポーツ新聞系は特に)

ちなみに彼らがよく使う単語が「共闘」「○○弾」「劇的」とかね。
その後、試合内容の分析とかそういうものにつながることはなく
瞬間最大風速的な内容を書いておしまい・・・当然だけど読者の満足度は
興味のある人ほど下がるわけで、Webメディアの方が満足度は高め。
ま、情報量が違うと言えばそれまでだけど、批判にしても低俗なので
溜め息が出ることが多いです。

もっともこれはサッカーにかぎらず、野球とか他のスポーツも同じで
今やWebメディア系の方が面白い内容は多いですし、
はっきり言ってしまえば、おそらくプロではない一般の方が書いた内容の方が
読んでいて面白いというか新しい発見になることが多いです。

「日本が目指すべきは、ゲッツェの1トップが機能するドイツではないか」ロシアW杯欧州予選 グループ3 ドイツ-チェコ

正直、上の4つよりも遥かに面白いですよ、次の試合を見る時に
この視点を持つことができて、なるほどと納得するかもしれない。
ここまでの内容を時間的に厳しくて書けないというプロの方もいるのだろうけど
やっぱりどっちが面白いかっていったらこちらですよ。
そろそろこの辺、切り替えていかないとプロの方というか
新聞などの既存メディアは滅びてしまうのではないでしょうか。

セルジオ越後「若手育成を根本から改めよ」

いつもは文句ばかりで解決策なしだけど今回は提案あり。
ただし現実を細かく見えていないので間違いがあるようです。
セルジオ・・・メディアにもう少し文句言ってくれないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20161010どっちがプロなのか? 気ままな雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる