なぜ書くのか?

このブログを読んだ友人から、こんなことを聞かれました。

「よく他人がみれるところに自分の意見を書けるね」

言われてみれば彼の指摘は正しい。
彼が言うには「勇気」のいることなんだそうだ。
こちらとしては、そんなこと考えたこと1度も無い、
というと大げさだがこのブログをつくってもうすぐ8ヶ月たつけど、
「書くべきか?」なんて考えたのは最初の数日だけだ。

僕に言わせればこれほど「安全な自己主張」も無いと思う。
少なくとも会社で面と向かって上司やさらにその上の経営陣に自分の考えを思いきり主張するほうがはるかに恐ろしい。目の前にいる人に下手すりゃ「あんたは間違っている」って言うわけだしね。そっちの方がはるかに気を使っている(と思う)。

ま、なんだかんだで毎日なんかしらをここに書きこんでいるせいなのか、
最初の質問にまともに答えることがすぐにできなかった。
もはやここに書くこと自体が生活の一部だし、ここに何か書くために「日常」への関心が増して、僕は若干注意深くなったようだ。
正直、毎日なんらかの”驚き”とか”発見”を求めている。
でないと、僕のような平凡な人間は多分書くことが無くなる。

今後、ここに毎日書きつづけられるかどうかはわからないが、
書ける限りは書きます。

それが”回答”ということだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック