リスクマネジメントと内部統制

世間はお盆休みです。
実家に住み、両親の両親(片方は亡くなったけど)も近所に住んでいるので、お盆とか帰省というものに生まれてこの方、まったく関係の無い生活を送っております。

本日のタイトルは、ここ1週間の私の思考テーマです。
なんだかんだで、この種のテーマを扱い始めてから2年の月日が軽く経っていることを考えると、いまさらなんだ!と会社ではお叱りを受けそうですが、やはり「原理原則」といったものほど難しいのが現実です。
しかもお盆休みの影響は無いと信じているのですが、僕の思考回路自体が最近少々というかかなり「発散」若しくは「拡散」傾向なため、まとめようとしても中々まとまらない日々が続いています。もっとも、これで報酬を得ているわけですから、贅沢な身分であることは間違いありません。

で、本題に戻ると、「内部統制ってのはよくわからない、どうも管理だけが増える気がして、あまり積極的には取り組みたくない」という経営陣はどこの会社にもいるそうで、先日、会計士さんとも話していてそういう話しになりました。
世の中の大半の上場企業がこの悩みを多かれ少なかれ抱えているそうです。
実際、7割程の会社はほとんど何もしていなくて、金融庁の実施基準待ち。残りのうち1割が専門部署を作ったりして動き出している。最後の2割はもう一通り完了した、いわゆるエリートさんたち、「NY上場」企業他だったりします。

僕の会社はいわゆる何とか動き出した1割に入るらしく、会計士さん曰く、意外としっかり考えているそうです。ま、いわれてみりゃこの辺だけは2年以上前から、我が師匠が会計士よりさきに「内部統制」という言葉を使い出したり、僕自身が取締役を含めて、ことの重大性を半分脅しながら説明しているわけなので、その辺だけは自信がありますが、実際の実務となると歴史と伝統のある会社と比べるとやはり”統制環境”と呼ばれる「基盤」部分が弱い、というのが個人的な分析です。

そんな会話の中で会計士さんから提案があったのが「リスクマネジメント」として考えてみたらどうか?というもの。日ごろこの手の話しをしてきたせいか僕自身は意外なほどすんなりこの意見を受け入れてしまい、他のメンバーのポカンとした顔の理由がわからなかったのですが、これは実にいいアイデア。

ちょっと説明すると今世間で言われている「J-SOX法」(こんな名前の法律はありません)こと「金融商品取引法」(旧証券取引法)で上場企業に求められている”内部統制”の範囲は「財務報告に係る(関する)」という限定がついています。
これは金融庁が所管している、あくまで”金融商品”の流通とか有価証券報告書の信頼性という切り口で上場企業を管理監督しようという考えがあるからと見えます。それ意外のところに変に縄張り意識をもつとそれこそ法務省や経済産業省あたりとの管轄争いになるでしょう。

要は法律では「財務報告の信頼性の確保」というのが目的です。
あくまでBS、PLを含む有価証券報告書の信頼性の確保が目的。原則として間違いなどあってはならない、間違いのあるものを出すような会社(取締役)は懲役刑までありだ!市場の信頼を揺るがすような連中はゆるさん!というのが金融庁の方針です。

これをリスクマネジメントの観点で見ると、「財務報告を誤る=有価証券報告書の信頼性を低下させる事象をリスクとして管理しよう」というものに置きかえることができます。
「信頼性を確保」を「信頼性を揺るがすものを管理する」と考えてみると、実は同じことになるというのが、前述の会計士さんの提案。

もうおわかりかと思いますが、結局、今世間で密かに言われている内部統制とはリスクマネジメントと同じなのです。よくよくみればこの業界では「聖典」のごとき扱いの”COSO”も実は「統合リスクマネジメント」だったりする。
ゆえに、経営陣の皆様には”リスクマネジメントとしての内部統制システムの整備”ということを説明して、悲観的な見方を積極的なものに変えていただかなければなりません。

このための説明資料、というか骨子を今考えています。
このブログに書いた内容程度で理解してもらえるとは思いませんが、もし読んで理解できたとか、いまいちわからん?というご質問などがありましたらお知らせ頂ければと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 1.内部統制報告書に関する QandA(前半)

    Excerpt: Q1 内部統制報告書とはどのようなものですか? 金融商品取引法24条の4の4は、「当該会社の属する企業集団及び当該会社に係る財務計算に関する書類その他の情報の適正性を確保するために必要なものとし.. Weblog: 内部統制報告書の基礎が誰でも分かる。 racked: 2006-08-15 06:31