部会長 八田進二教授

今日は日経主催のセミナーに東京国際フォーラムまで行ってきました。
お目当てはもちろん、八田教授でございます。

ちょっとばかし情熱大陸風のタイトルではございますが、本日の私のお目当ては、
今や「内部統制」という言葉と事実上、一括りにされてしまっている青山学院の八田教授。
八田さんは、金融庁の内部統制部会の会長をしており、金融商品取引法の実施基準などを検討している事実上、わが国における権威の1人。
「内部統制」というテーマだけでも今やセミナーには人が溢れるという加熱状態に八田さんの講演、しかも無料ということで、講演会場はパンク状態でした。

そんなこともあり、というかパンク状態が予想され、しかも同僚が1人聴きにいっていることもあり、僕は正直、行くのをやめようかと思っていたのですが(検討しなくてはいけないことが山積み)、なかなかまとまらないので、気分転換を兼ねて行くことに。
しかし、昼3時の新宿はやはり暑く、出かける前に”PINO”(アイス)を1つ食べ、さらに警備員のおじさんと受けつけのお姉さんにおすそ分けし、いざ出発。
予定より早く着いたので、ビックカメラでデジカメをぐるりと嘗め回し、ライカコーナーで感心しながら、いざ国際フォーラムへ。

まだ時間に余裕があったので、とりあえず商品やサービスの展示会を覗くと、結構な賑わい。
個人的には、まだ何をしなくてはいけない、と規定した”実施基準”が公表されていない段階で、やたらめったら「日本版SOX法対応」とか「J-SOX対応」とか「内部統制に欠かせない」といった妙に企業を煽る商品、サービスが多いのが印象的。
しかし、これって本当に役に立つのか?実施基準次第でぜんぜん無用の長物になることもあるし、そもそも「管理ツール」をこれにかこつけて売るってのも感心しない。さらに言えば、「過剰管理」を招きかねない商品、サービスも多い。
これで実施基準が出たら、また大騒ぎなんだろう。
結局、何の説明も聞かず、ミニスカコンパニオンに見入って退散。
上司にはメールでその旨を通知。
写真を撮って来い!という指令が来たがそこは無視。

やっとこさ「Bの7F」にたどり着くとそこには沢山の人。
まだ入場前なのにかなりの人で賑わっている。
それでも僕はギリギリセーフで、本会場で聞けるらしい。
後続の方々は別会場で中継になるらしい・・・
事前登録制なのにパンクするって事自体が異常なんだけど、
さらに変なのが講演の資料が絶対的に不足していること。
持っている人のほうが圧倒的に少ない。
事前登録の意味はほとんどないことを確信しつつも、無料なので大きな事は言えない。

で、八田さんが登場。
今やスケジュールがタイトで”その日暮し”らしい、そういやNHKのコンプライアンス委員会だかなんだかの委員になったって新聞に出ていた気がする。
やはり教授だけあって、話が上手い、テンポの良さと時折いれるジョークがいいのだ。

とりあえず、ご本人すら言っていたのだが
「今日話したことは、あっという間にWEBなんかに載ってしまう。しかも本意とは違う形で」
もう既に、僕の上の文章すら原文ままではないのですけど、多分相当発言が一人歩きしていることは事実です。それだけ注目されているといえばそれまでですが・・・

ということで、本質的な話はもっと真面目な方がどこかに発表するでしょうから、ちょっと面白かったところをいくつか・・・

「若い会計士あたりが、あれもリスク、これもリスクという、私に言わせりゃあなたがリスク」

これ良いですね、その通り。別に会計士ってことに限定するんじゃなく、会社の経営者なんかにも多いですよね。情報漏洩、天災、新規事業どれもリスクといえばリスクですが、こんなことを取り上げながらも言行不一致のあなたが一番リスクって経営者はいます。

「金も人も出さないで、ほどほどの内部統制をって、それは無理」

ちなみに金も人も出さないならせめて知恵をだせ!ってことらしいんですが、これも納得。

わが社の経営者なんてこれの典型です。
でも知恵は出さないし、他人事。
ま、若干意識も変わってきたみたいですけど、今もって金も人も最小限で、でも漏れはゆるさんとのこと・・・とはいえ、未だに「内部統制ってなに?」って聞いているような人に言われてもね・・・もっと勉強してくださいって感じです。

てなわけで、今日はお仕舞い。
最後に八田先生から
「今書店に出回っているJ-SOX法関係の本は金融庁で今公表している草案や作成中の基準が完成したら役に立たなくなる可能性があります」とのことです。
ちなみに「J-SOX法なんて1度も使ったこと無い」とのことです。

みなさん商業主義に毒されたIT業界の提供するサービスにはご注意ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 金融 商品 取引法

    Excerpt: 金融商品取引法(きんゆうしょうひんとりひきほう(改正法の施行までは証券取引法(しょうけんとりひきほう));昭和23年4月13日法律第25号)とは、「国民経済の適切な運営及び投資者の保護に資するため、有.. Weblog: 金融 racked: 2007-10-30 09:46