レポートを書こうと思います。

別に誰からも「指示」されてはいないのですが、
思うところあって「レポート」を書こうと思い、今日あたりから構想を練っています。

「レポート」というか「企画書」というか(多分、企画書とは言えない)を書こうとしています。
内容は「内部監査体制の強化について」。
別に僕個人の所管では無いのですが、内部統制システムやリスクマネジメントシステムの整備という大きな流れの中でこうしたマネジメントシステムにおける”モニタリング機能”としての「内部監査」の重要性を考えると、どうも今の僕の勤務している会社の体制は極めて脆弱なので、ここを会社として再度重点ポイントとして考えて欲しいという思いもあり、この年末の大して忙しくも無い時期にちょっと書いてみようと思っています。

上場企業には大抵(全てかどうかは不明なので)、「内部監査」を担当する部門なり機能なりがあります。とはいえ、アメリカやヨーロッパのように「チェックする」ということ、「チェックされる」ということに対して抵抗のある、というか「性善説」に則って経営が行われている企業の多くでは、形だけの内部監査が行われているケースが多くあるようです。

こんな状況だった数年前にアメリカやヨーロッパの話をいくら偉いさんに説明したところで
「欧米か!」という突込みがくれば儲けもので、実際には「監査なんて意味あるの?」という反応が返ってきていました。

ところが、ここ数年の企業不祥事の多発によって、いつの間にか日本もこの分野について「欧米化」が進んで、一部の企業が監査を重視し始めました。そんな状況ではあるものの、僕の勤めている会社はそうはならず、来る上司といえば「隠居」状態の方々・・・やる気も覇気も無い方々の下で、こちらが張り切るという生活が数年続きました・・・とはいえ、それはそれで僕が「自由」を謳歌することができたので、マイナスばかりではなかったのですが。

ということで、こんな世の中の状況踏まえですね、自分なりに今の会社が取りうる有効な手段をまとめてレポートにしようということを決めました。それが先週の週末くらい。
火曜日くらいから真面目に考え出したので、少し時間がかかるかもしれませんが、とりあえず、仕事の合間になんとかまとめようとしています。

誰に見せるということも決まっていませんが、こういうのも大事でしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック