女性の品格

こういうのも「品格」って言うのかなぁ?

今日は東京六大学野球の最終戦。
ボクの会社は神宮球場からそう遠くない距離にあって、
意外と散歩気分で歩いていける距離である。
慶応と早稲田の対戦の結果は、「王子」の活躍で早稲田の勝利。
ボクは所管役員他の影響で慶応を応援している。
というか勝ったのに「早稲田破れる」って扱いを受けてしまう
慶応への「判官びいき」というものが多分にある。

結局、慶応の加藤投手がまさに「連投」で頑張ったんだけど
負けてしまった・・・でも日曜日に延長まで1人で投げ抜いて、
今日も9回まで完投・・・まさにエースの心意気だ。

で、今回も「提灯行列」ですよ、明治通り。
こっちの帰り際に道路を占拠するんでちょっと邪魔。
別に勝利の喜びに浸ること自体は否定しませんけど、
3期連続ってのが気に入らない・・・
残りの大学の奮起を期待したいところです。

そんな行列を思い切り横切って帰りは新宿駅へ。
そこでさらに「品格」ってものを考えさせられた。

中央線の通勤快速、ラッシュ時は混んでいるのが当然。
今日は乗り込んだ直後に後ろから車椅子のご夫妻が乗ってきた。
旦那さんが車椅子で奥さんが付き添い。
もう結構なお年だったのだけれど、混んでいるので乗れるか心配だったけど、
乗ってきた瞬間、夕刊フジを読んでいたオヤジも含めて、
一斉におっさんたちがスペースを詰めだす。
こういう姿にはちょっと「美しい国」を感じるのだけれど、
そのあとがよろしくない・・・

ご夫妻が乗った時点でスペースは満杯。
そこのドアから乗ろうとした方々はみな別のドアや車両へと移動したのだけれど
ここで空気の読めない奴がでてくる。
年のころは30台半ばだろうと思われるご夫人が無理やり乗り込んでくる。
当然、車椅子ご夫妻はただでさえ身動きがとれないのに圧迫されている・・・

こともあろうにそのご婦人、奥さんのほうに「大丈夫ですよ」だって・・・
お前は大丈夫だろうかどうかは関係無いし、
何、気を使った振りしてるんだ?

で、その人、次の駅「中野」で反対側のドアへ向けて
人を掻き分けて降りていった。
何考えてんだろう?と思わずにはいられない。
まったく「自己中心的」じゃないか。
近距離で降りるなら、電車の1本くらい待てっての。
今日のオヤジたちはちょっと格好よかったのに
まったくババァのせいで台無しだ。

「品格」って多分、こういうことからもにじみ出るんじゃないだろうか?
いくら「笑顔」をふりまいても、あなたの好感度は最悪です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 齋藤佑樹が実力を見せつけて早稲田優勝!

    Excerpt: 早稲田大学の3季連続優勝がかかった大一番で、齋藤佑樹がまたも実力を見せ つけてくれました! 齋藤佑樹は、立ち上がり2者連続ストライクを取ったかと思うと、あれよあれよと 三振の山。奪った三振は圧巻の1.. Weblog: Youtube通信 racked: 2007-10-31 11:19