ちょっとすっきり。

いまさらながらでは面白い調査結果が出ました。
結局、「MS帝国」は内部統制の分野でも健在のようです。

ということでこちら
「内部統制の文書化はWordやExcelで」,約半数が専用ソフトでなくて十分と回答
をごらんください。

巷では「文書化3点セット」などといって、
業務フロー、業務記述書、RCMの作成用及び管理用のツールが
「内部統制対応」とか「J-SOX対応」とかってたくさん出回っていますが、
意外とWORDとかEXCELが実務的には使われているようです。
もちろん、これは調査結果の1つに過ぎませんが、
実際のところこの傾向はかなり信憑性があるのではないでしょうか?

ボクの会社でも使っているのはEXCELとWORD(ほとんど使ってないけど)です。
フローなんかは完全にEXCELで作っています。
その代わり、監査法人から「記入ルール」が渡されていて、
これに基づいて作る必要はありますが、
別に高度な技術が求められるような代物ではありません。

結局のところ、一見、非常に便利に見える「ツール」は
作成者である企業にとってはある程度、
ある程度、都合のいいものなのかもしれませんが、
作った文書をベースにして監査をしていく監査法人からすると
「不便」なものなのでしょう。
もちろん、監査法人ときちんと連携が取れていれば問題は無いのでしょうが、
そうもいかないですし、複数の会社に別々のツールなんか使われたら
おそらく会計士さんはパンクです。

だから思っている以上に「汎用性」が優先されているのでしょう。
結構、ツールの売込みって夏前くらいまであったんですけど、
最近はさすがに大人しくなりましたね。
もう、いまさらツールどころの話じゃない時期ですからね。

あと実はツールの使い方を担当者が覚えるのが意外と難しいのかも。
一回、デモでみたことがあるんですけど、
慣れているオペレーターの人でもちょっと手間かかってたりしたし。

しかし「内部統制完全対応」とか本当、いい加減やめたほうがいいんじゃないかな。
それで買う人もいないと思うしさ。

今日は仕事でモヤーとしていたのですが、
さっきプライベートで非常にすっきりすることがあったので、
なんだか今はいい気分です。
ちなみに今日はなぜかEXILEのアルバムを聴きながら書いています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フローチャートと業務記述書とは

    Excerpt: フローチャートは、業務や作成した文書・データの流れに沿ってコントロールを図式化した文書です。通常、コントロールには番号を付し、必要に応じて具体的な内容を記述します。フローチャートを作成することによって.. Weblog: 新会社法について,ちょっとすっきり。 racked: 2007-12-18 14:08