雪をみながら

また雪です、東京。
郊外は雨だったんですけどね・・・

今日は仕事のカウンターパートナーでもある人事部の担当者が、
1日大忙しだったので、なんとなく手持ち無沙汰になりました。
比較的ここまでスムーズにきていたのですが、
やはり「ヒアリング」ベースで文書化をしている以上、
担当者がいないと次のステップにはいけませんね。

ということで、ちょっと時間が空いたら考えようと思っていたことを
机に向かい、紙と鉛筆を握りしめ考えていました。
考えていたのは2つ。
1つは、次年度以降の監査役や内部監査部門との関係性について。
これまでは月に1度、定期的にミーティングを開いて
お互いの仕事の状況や課題をなんとなく情報交換していたのですが、
4月からはいわゆる内部統制におけるモニタリング機能である両者と
その機能を含めた整備構築、運用を担う(らしい)自分たちチームとの
役割分担、関連性を整理する必要があります。

実際のところ、そんなに大きな変化は無いと思うのですが、
内部監査の結果をある程度効率的に利用して
会社全体の内部統制の有効性を評価するようにしていきたいと思っています。
こう書いてしまうと、内部監査を「有効性評価の手段」として
利用するようにみえてしまうのですが、
正直、このようなかたちになってしまうのは、
どうやら今の自分の会社の組織形態を踏まえると最善策のようです。

ということでもう少ししたら、次年度の内部監査計画に
J-SOX関連の項目を盛り込んでもらう必要が出てきます。
それまでには経営陣にこの話を了承してもらう必要もあります。

で、もう1つは、内部統制報告書の作成を踏まえた
会社内での定期的なミーティングの構想。
年度末に担当者がささっと報告書を作るようなことでは
社長をはじめとする経営陣も安心できないでしょうから、
4半期ベースで現在の状況を報告し、情報共有し、
そして必要な改善をトップダウンでできるようにしたいところです。
ま、こっちはそう焦っていませんが、
やはり4月までになんとか構想をまとめたいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック