華麗なる転身?

3週間ぶりの”古巣”は違和感なし。
でも、時の流れが緩やかでした・・・

4月15日、水曜日、天気は快晴。
昨晩、東京は短時間とはいえかなりの雨。
ちょうど日付が変わる頃にかなり降っていたのですが、
朝起きてみると、台風一過のような青い空。
まだ4月なんですが、「5月の空」って感じでした。

今日は夕方、先輩が本社に持っていく荷物があるということで
荷物運び要員として久しぶりに(2週間でしたが)
本社に行ってきました。
”本社”なんて書くと妙に距離を置いているようですが、
これまで7年間、通い続けてきた場所なので、
「本社へ行くよ」みたなこと言われても微妙な感じです。

到着して、総務部に行ってみると「いつもの顔ぶれ」。
ここは年度が替わっても、何も変わっていない。
経理や人事も含めて多少のローテーションはあるけど
こんな言い方はなんだけど、所詮、「コップの中の話」
傍から見るとほとんど何も変わっていないと思います。

それにしても皆様の扱いが極めて普通なんですね。
なんていうか今も”隣の席”にいるくらいの感じ。
元上司、先輩・・・みんな変わらんね(当たり前だけど)
ただ、雰囲気が緩かったですね・・・悪く言うと「弛緩」

いまの職場は「仕事を取る」「仕事する」「理想を追う」って
雰囲気が漂っているので、管理部門の「定常業務」な雰囲気に
一番、違和感を感じました(前も感じてはいたけど)

「外」に出て、初めてわかることってやっぱりありますね。


ひととおり”いつものメンバー”と話したあと訪ねたのは、
会計監査にやってきている監査法人のチーム。
異動することになって一応、メールではお知らせしたんだけど
ちゃんと挨拶できていなかったことが心残りだったので
今日は胸の痞えが取れた感じ。

主任会計士さんはボクがプログラムを作っていると思っていたけど
そこは部下の”J-SOX担当”が訂正してくれたり、
今期末においては内部統制監査に関して大きな問題はなかったという
お知らせをしてもらったり、結構、収穫がありました。

やっぱり今期末の監査が無事に通って一段落ですからね。
「特別、問題となるようなことはなかったです」という一言は
ボクの中に、安心と達成感を少しもたらしてくれました。
実際は、各業務の担当者が決められてことを遵守して
誠実に仕事をしてくれたってことが証明されたわけです。
それが何より、ありがたいことですし、感謝したいところです。

今日一番の名言は、主任会計士さんの


「華麗なる転身ですよねぇ」



どこがだよ!と思いつつも
みんなで大笑いしてきました。

この3週間、無意識に気張っていたんでしょうね。
今日はリラックスできたみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック