棄権するかも

選挙シーズンです。
毎朝、駅前がうるさくて・・・罵りあいばっかりです。

7月8日、水曜日、天気は曇りときどき小雨。
相変わらずスッキリしない天気が続いております。
蒸し暑さのせいか熟睡できていないのか
あまりにも眠くて、昼休みに会議室で熟睡しました(15分)
そのおかげで午後は眠気に襲われることもなく仕事ができました。

さて、東京都はただいま「都議会選挙」の真っ只中でして
総選挙の”事前運動”にすら見える選挙活動が展開されています。
我が家の最寄り駅も連日、著名な議員などがお越しでして
石原都知事、民主党の前原さん、共産党の志位さんが
応援演説に来ています(他にも来ているようですが)

にしても今回の選挙は「総選挙の前哨戦」ってことに
いつのまにか祭り上げられ、妙に煽られている印象です。
でも、感じるのは違和感ばかり。

だって国政の自民党と都政の自民党って
関係あるようで、やっぱり違うと思うんですよね。
一応、同じ組織だと思うんだけど
今回の選挙で「麻生vs鳩山」みたいな話をされてもねぇ・・・
主役は候補者だろうと思うわけです。

だいたい都議会なんて必要なんだろうか?と思うほど
存在感が気迫なのが現実でして(知事が強烈ですからね)
そもそも都議会が何やっているのかがアピール不足。
そこにきて「国政選挙の前哨戦」にされちゃって
各候補者の公約なんて完全に置き去りになっているのが悲しいところ。
政党も下手糞だけど、メディアも悪いよね。
争点がおかしくなってしまっている気がします。


それにしても「民主党政権」って誕生するんですかね?
鳩山(兄)の胡散臭さ(個人的には真っ黒なイメージ)、
小沢一郎とか、自民党竹下派出身者が多いし、
なんか「改革」とは程遠い印象です。
財源も「無駄使い廃止」って言っているけど
それは公務員のリストラも含むんだよね。
支持者の権利を奪うようなことが果たして彼らに出来るのか?

「外交」とか「安全保障」とかまったく党として一致してないし、
挙句の果てにはこのニュース・・・

民主・輿石氏、日教組にエール? 「教育の政治的中立ありえぬ」

ソースが産経新聞とはいえ、事実だとすると
「ゆとり教育」にこのとんでもない話がついてくるわけか・・・

自民党はだらしないし、民主党は危うい。
出来たら一度ガラガラポンして、もっとはっきりした
政党が2つくらいできればいいなと思っています。

このニュースも酷いなぁ。

「キッズ車両」導入を要請 与党女性議員ら

小池百合子か・・・
この方々は朝の通勤電車になんか乗らないんでしょうね。
乗ってたらこういう提案はしないと思うんですよ。
普通だったらいちいち通勤先の近くに子供をつれていかなくても
すむように託児所を駅前に増やすとか考えると思うんですけどね。

本当、このままだと「棄権」するしかないかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック