眠る猫

日陰で眠る猫。
気持ちよさそうです。

8月23日、日曜日、天気は晴れ。
このところ起きると蚊にさされており、
どうやらまたもやボクの部屋に”侵入者”がいると思っていたら
先ほど、ご丁寧に目の前に現れてくれまして
渾身の力と驚異の集中力を持って叩き潰しました、快感。

今日は日曜日なのでゴルフスクールへ。
先週はいつものコーチが代講だったので
お盆休み含めて、いつものコーチに会うのは久しぶり。
さっそく練習し初めたところ、いつものように後から一言。

あら?なんか変わったねぇ。

スイングにクラブの重さが見えるよ。

どうしたの?


この何ともいえない、ボクにはわからない抽象的な表現。
だけど、どうやらよくなっているということだけは判明。
確かに初ラウンドでのある種の”挫折”以来、
毎週のように打ちっ放しに通い続けていくなかで
以前とはスイングが変わったのは事実。
右にばっかり飛んでいた打球は真っ直ぐor左に飛ぶし、
飛距離だって、少しは伸びたはず。
そういう結果にたどり着いた(まだまだだけど)のは
多分、スイングが変わったからだと思うわけ。

ということで、気分よく練習を重ね、
相変わらずドライバーには納得がいっていないけど
(芯には当たるようになったけど、右に飛ぶ)
フェアウェイウッドはとにかく気持ちよく打てるという状況。
逆に言えば、ウッドくらいの長さまでは
コントロールできるようになってきたわけだ。
そしてコーチからは

最初は7番も満足に打てなかったのに

4番ウッドまでたどり着いたんだから、上達しているってこと。

ドライバーはその先、クラブも長いし。


と一言。
そうなんだよね、何となくそうは思うんだけど
どうしても欲張ってしまうというか
早くちゃんと打てるようになりたいって気持ちが前にでる。
それがスイングに出ていて、体が開くのが早くなるのかも。
う~ん、メンタルな部分も大きいな。
しかし、完全にはまり込んでいる事実は我ながら面白い。

ここからはおまけ。

「オリエント急行」年内廃止=コスト高、126年の歴史に幕-英紙

ショックだなぁ、いつか乗ってみたかったし。
吹奏楽の世界ではその名も「オリエント急行」って名曲がありまして
駅の喧騒、発車の瞬間、車窓・・・終着駅って感じで
演奏者もそして聴き手も楽しめる曲なんですけど
無くなってしまうと残念だな。
「鉄道ファン」としても損失だと思うわけです。
日本ではカシオペアとかトワイライトエクスプレスとか
豪華寝台特急は需要があるんですけどね。


本田圭佑がFKでゴール:開幕から4試合で5点目

去年もオランダの2部で得点取りまくってましたが、
今年は1部ですし、別に強豪チームでもないんですけど
この変化というか劇的な進化は素晴らしいです。
イタリアの森本もそうだけど
「得点とってナンボ」という意識が身についてるんでしょう。
環境が人を変えるとは言うけど、すごいね。

花巻東は残念。
エースが万全だったらと思うのは
「たら・れば」なんだけど
敗戦後の涙は自ら大きな責任を感じていたんでしょう。
続きはプロの世界で見てみたいです。

<本日の一枚>
ちょっとピンボケですが、我が家の鉢植えで眠る猫。
(野良猫ですよ、もちろん)

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック