間違いだらけの会話

思わず「突っ込みたい!」そんな場面。
昨日、そんな場面で出くわしました・・・

9月20日、日曜日、天気は快晴。
今日は本当に「行楽日和」だったみたいで
高速道路も大渋滞だったそうです。
ゴルフスクールの合宿メンバーは大渋滞にはまり
先発のコーチ以外は皆、遅刻とのこと・・・気の毒ですなぁ。

ってことで今日は”居残り組”のレッスン。
コーチも初対面の方でして、本当に丁寧に教えてくれました。
やっぱりそこは、ヨソヨソシサってのがあるわけです、はい。
もっとも問題はボクの方にありまして、今日は

絶不調・・・どん底

でして、いや、もう悲しくなるほど。
原因不明のこの絶不調に加えて、スクールに通いだして以来つかっていた
グローブがへたれてきて、グリップが利かなくなってきていまして
無意識にクラブを強く握ってしまい、バランスを崩すという悪循環。
ということで明日はグローブを買い換えます(800円くらい)
そして打ちっぱなしにいくつもりです(不調のままでいられるか!)

ということでここからはグダグダした話を。

昨日はここにも書いたけど
ジェイク・シマブクロのライブに行ってきました。
ここから書く話はそのライブで偶然、お隣に座った方が
お連れの方に語っていた話がベースです・・・
男の人がボクの隣、その隣にお連れの女性。
ライブ開始前の数分間、隣のボクにも聞こえる声で話していたのです・・・



男:ほら、あの沖縄の「ROOKIES」の主題歌を歌ったさぁ・・・

男:思い出した!”モンパチ”

男:あの人たち、えーと薬剤師かなんかで・・・





この男性のお話はもう突っ込みどころ満載でして・・・

>「ROOKIES」の主題歌を歌った

⇒これは”GReeeeN”であって

モンパチこと”モンゴル800”ではないし、

彼らは沖縄出身ではないよ。



薬剤師かなんかで・・・

⇒”GReeeeN”は薬剤師ではなくて歯科医、薬剤師は”ケツメイシ”でしょ


本当、どうでもいい他人の会話なんだけど
あまりに薄っぺらいというか間違った知識を話しているのが
もう腹が立って腹が立って・・・ライブのあたまはちょっとイラっとしてました。

他人に嘘を教えるな!!!

こういうのってさ、聞いた人が別のところで言ったら恥じかくじゃん。
もう、本当のところ、思わず「違うでしょ!」って突っ込みそうになったよ。

まったく29歳にもなって大人げ無いのですが
家族に帰り道に話したら「そりゃ酷いね」って言ってました。
まぁ、そんなこんなで連休2日目は終了です。

<おまけ>

おめでとう!おめでとう! プログラミング言語のCOBOLが誕生50周年

COBOLってボクが会社に入った頃(8年前)も
「もう無くなる」って言われていたんだけど
しっかりと生き残ってますよね。
一時期は”レガシーマイグレーション”ってことで
目の敵にされていたような時期もありましたが
結局、少なくとも当面は我々の生活の見えない部分で
生き残っていくんでしょうな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック