ワクチン求む

ワクチン接種が始まったのはいいけど
ボクの周囲にはじわじわとインフルの魔の手が・・・
「A型」だろうが「新型」だろうがなんでもいいけど、
感染者は会社に来るなってちゃんと言おうよねぇ・・・

10月19日、月曜日、天気は晴れ。
まったくあっという間に月曜日がやってきてしまう。
日曜日しか休んでいないからかもしれないけど
両方出勤している人もいるんで贅沢は言えない今日。
(週休2日は権利ではあるけどさ)

朝っぱらから困ったことにメンバーの1人の子どもが
インフルエンザにかかったというお知らせが届く。
ギリギリの人数でタイトなスケジュールで取り組んでいるのに
ここにきて、というか早くもアクシデント発生です。
もともとこういうときの備えをしておくことを担当者たちは
散々、マネージャーに言ってきたのに
そこに何ら手を打ってこなかったことは
もはや怒りを通り越して、笑ってしまうほど・・・

言わんこっちゃない・・・

さらに先週、後半インフルエンザになったオッサンが
することもないのに出社・・・
なぜ「リスク」を抱え込まなくてはいけないのか?

背後から鉄砲で撃たれる

という心境、マネージャーというか会社が
我々をより泥沼にひきこもうとしているとしか思えない・・・
挙句、契約書の内容チェックなんて「営業」がやるべき仕事が
のしかかってくる・・・この際、バンザイしてしまえばいいのだけど
ボクがそれをすれば、誰かにその仕事が飛んで行くだけ。
誰かが踏ん張らなくてはいけない。
もう、みんなそれぞれが踏ん張っているしね。
(もっともさらに前の仕事の顧客報告会に行くことになった・・・)
今週、ボクははたしてどうなってしまうのか?
もう、先は見えないというか明日すら予想がつかない現実。

ここまで5分少々で書き上げております・・・

とはいっても今日は夕方から新宿の高層ビルの上で打ち合わせ。
なんというかこういう眺めのいいところで仕事をすると
やっぱりアイデアとか浮かびそうだなぁ・・・と思ったりする。
眼下には歌舞伎町のドンキホーテが見えたり、
東京モード学院の不思議なビルが見えたり、
窓すらブラインドがしまっているオフィスとは比較にならない。
いつかこういうところで仕事をしてみたいものです。

打ち合わせ終了後は、そのまま「直帰」。
20時ちょっとすぎに帰宅。
こんなに早く帰ったの久しぶりだ。
家には妹が遊びにきていて家族4人で夕食。
母が「ブラタモリ」を見たいと言い出し
録画していた「二子玉川」の回をじっくり観賞。

「地図の読める女」である母は自らを
タモリがかつていった「マッパー(地図が好きな人)」と
普通に言っており、そのDNAは同じく地図に圧倒的に強い
父のDNAともどもボクにかなり受け継がれています。
ま、そんなことはどうでもいいか・・・・
明日はお客さんとのミーティングがダブルヘッダー・・・
まとめてくれよ~。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック