大叔母は”鉄子”?

”オリンピック”はスポーツの大会なんだから
よりレベルの高いことにチャレンジする人を評価すべきと思うのは
ボクだけなんだろうか?

12月27日、日曜日、天気は晴れ。
今朝は10時に起きてひげもそらずに祖父の家へ。

昨日から祖母の妹(大叔母)が来ていて
昼前にもう1人の大叔母の家(世田谷)に行くってことで
届けて欲しいものを我が家から自転車にて配送。
祖父は11人兄弟、祖母は4人兄弟なもんで
ボクにはとにかく親戚が多い(両親とも四人兄弟だし)
祖父の兄弟なんて会ったことある人ほとんどいないんだけど
幸いにして祖母の姉・妹・弟のうち、姉と弟は東京に住んでいるので
年に数度は会うのですが、山形県長井市っていう
映画「スイング・ガールズ」の舞台に住んでいる妹だけは
数えるほどしか会ったことがありません。
(ちなみに長井は田舎だけど星がきれいだった)

なお、大叔母は山形から新幹線に乗って
なぜか大宮で下車し、川越を回って
そこから八高線(!)に乗って八王子に出て
中央線に乗って祖父の家に来たとのこと。
まったくもってボクには信じられないのですが
別に鉄道オタクということではなく本人曰く、

八高線は田舎の電車と似ているんで安心する

お年よりは侮れないものです、はい。


で、その後は「ガリレオ」の再放送を横目に
お昼ご飯を食べて、年内最後のゴルフスクールに。

ボクが教わっているコーチはどうも系列内では
少しだけ有名らしく(気のいい兄さんって感じですが)
毎週、誰かしら他校のコーチが研修にきていまして
この数ヶ月毎週2名体制で教わっています。

で、今日も研修のコーチ(2スクールで教えているらしい)が
お見えになっておりまして、2人からレッスンを受けてきました。
とりあえず忘れないうちに書いておくと

1.右手と左手の高さを揃える

クラブを普通に握ると横から見たときに
どうしても右手が左手より上にきてしまいますが
右手のひじを少しゆるめて両手の高さを揃えると
よりインパクトが安定するみたいです。
(まだ、しっくりきていないけど)

2.長いクラブほど遠くから

ドライバーをアイアンと同じようにスイングすると
やっぱりヘッドが遅れてスライスしてしまうので
そこは注意する必要があります。
(これは未だに完全にできていない)

この2点が目下のテーマですかね。
来年はこいつを早々に克服して
安定したスイングを手に入れたいところです。

とはいえ、今年後半の3ヶ月は間違いなく
打球とかスイングがよくなったと実感しています。
おそらくは日曜しか休みのない状況で
ものすごく集中していたからなんだと思われます。

それにしても2月頃は重たく感じて
振り回されていたドライバーを今では
軽くて振り過ぎるようになるとは・・・我ながら驚きです。
年明けには新しいドライバー”R9MAX”が来るので楽しみです。

<おまけ>

毎度のことながら、トリプルアクセルを跳ぶ
浅田真央をみると「飛べ!」と祈ってしまいます。
やっぱりアスリートは高いレベルにチャレンジしてなんぼでしょ。
「手堅くまとめる」のはプロに任せて
オリンピックに出る選手には、ギリギリにチャレンジして欲しいです。
もっとも今の採点方式だとそうもいかないみたいですが・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック