いのちを、守りたい。

あっという間に1月の最終営業日。
と思ったら仕事は1ヶ月前にタイムスリップ・・・

1月29日、金曜日、天気は晴れ。
今朝も暖かくてよかったんですが、
個人的には寝癖が酷くて困りました。
いつもは寝癖なんてつかないのですが、
今日は昨日、なかなか寝付けず(後述)それでもって
寝てもどうやら無意識にゴロゴロしてしまったようです。

で、眠れなかった理由ですが、これは昨日も書いたように
突如として降って沸いた「異動」絡みの話。
考えた結果として、ボク個人の考えとしては
丁重にお断りすることにしたんですが、やはりねぇ・・・
いろいろ考えてしまうんですね。
2,3年でローテーションする仕組みが機能している会社なら
別にそんなに深く悩まなかったと思うんですが
ボクの会社は残念ながらその真逆でして(IT系は多いよ)
一度、特定の分野とかお客さんにはまると
もうそれこそ自分の力ではどうにもならず、
他にやりたい分野の仕事をしたければ「転職」しかないって
そういうケースもあるんで(これも事実)、悩みます。

あと、やっぱり特定の仕事ばっかりしていると
それ以外の仕事ができなくなるというか
そもそも経験すらできないってのがすごく不安で不満。
「潰しが利かない」って状態になるのは
それこそあと30年働くことを考えると大きなリスク。

ってことで、今日、本部長には直接、丁重にご辞退申し上げました。
ただ、どうも簡単にご辞退させてもらえるかは微妙なようで
そもそも今回のオファーに至る過程では
かなりエライ方々が絡んでおられるようで
ただの平社員のわがままが通る可能性はあるのか?というところ。

どっちにしても3月末までは決まらないみたいなので
しばらくは今の仕事に集中しようと思います。
(とはいえ、この時期は次年度に向けた異動や組織変更で騒がしい)

そうそう本部長にはこう言っておきました。

監査がしたければ監査法人かコンサルに転職してます

実際、会計士さんとは2年位前に冗談半分で
「J-SOXの担当者足りないんで」ってお互いに笑いながら
話していましたしね。
個人的には業務命令のPMPを取ったら
次はCISAって資格を狙おうと思っています(期限は未定)

という本日。
お客さんから昨日、届くはずだった資料が今朝届き、
先月末に提出し、それをベースにこの一ヶ月仕事をしてきたのに
その内容が思い切り変わっちゃっていて、顔面蒼白ではなく”怒”
なんていうかさすがにそれは無いよなぁと思います。
もちろんこっちの案がおかしいなら、それは仕方無いのですが
お客さんが変更した内容は、具体化されていた箇所を
中途半端というか曖昧というか玉虫色にしてしまい
いまはいいけど、あとあとお客さんが困るだろうという内容。

さすがにまずいので電話して、見直すっていうか
代替案を検討することをご了承いただき
今日はまるまるその仕事に追われました。

それにしても建前上は今日でその作業が終わるはずだったのに
また最初から振出って・・・かなりガクっときました。

幸い、20時前には仕事が片付いたので帰宅。
こんなすさんだ日は寄り道してコーヒーを一杯。
今日は店員さんオススメのキャラメルシロップ&ソース。
ご好意によりソースが多めでとても美味しかったです。

ってことであとはおまけをいくつか・・・

浅田が優勝、鈴木が2位

3Aを2回とも成功させたみたいです。
ここってところで成功させてしまうのが素晴らしいっていうか
まさにアスリートだなと思います。
何度、失敗してもチャレンジするのは大事だ。


Apple、iPadを発表


毎度ながら、面白く、可能性のある製品が出てくるものです。
ただ、日本ではアプリの1つである「iBooks」って電子書籍が
まともに使えないみたいですね。
個人的には電子書籍にはあまり興味はありませんが
出版社と権利者が相当抵抗しているようで期待薄です。
(もう紙出版ビジネスは一度、壊すしかないと思う)

で、最後は本日のお笑い。

鳩山内閣総理大臣施政方針演説

気が向いたらまた別の機会に書きますが、

「理念なき政治」

「労働なき富」


とかよく言えるな、この人は。
どこまでも感覚がズレいているというか
無神経というか・・・

「友愛」なんて理念じゃないよ、正直。
「ママからの子ども手当(脱税)」は労働なき富だよね。
そういうところは本当に上手いこと切り分けるなぁ。





あと、「いのち」って何度も繰り返すな!
ものすごく新興宗教ぽいっていうか胡散臭い。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック