ほぼ夏日。

本日はお休み。
スポーツして、音楽聴いて、いい休みです。

4月21日、水曜日、天気は晴れ。
ガンガン気温があがって東京郊外の気温も約25℃。
先週は寒い寒いと言っていたのに一気に夏。
まぁ、これくらいの気温がいいですね。
おかげさまで、絶好のお休み日和でした。

ということでお昼からはゴルフスクールへ。
日曜日にもガッツリ練習したんですけど
今日は、その前の週の振り替え分。
平日昼間のゴルフスクールってどんな感じなんだろうと思って行ったら
案の定、ボク以外はすべてオバサマ方でした・・・そりゃそうだ。
もっとも5打席に対して5人しかいなかったので
「打ちっぱなし状態」・・・いや、結構、打ち疲れました。

今月からコーチに教えてもらったティーアップして
アイアンを打つ練習なんですけど、
だいぶ、ちゃんと打てるようになってきました。
なんでなんですかね?この一点でボールをとらえなくては!
と思って打つからなのか、集中力が高まる気がします。
この練習をしてから、普通にボールをマットの上において打つと
すごく気持ちよく打てます(人工芝なんでクラブが滑るから)

あと、この練習の効果なのか、ドライバーの当たりが良くなってきました。
ヘッドの中心部分に当たる割合が高くなってきて
打音もいい音が響くんですけど、気を抜くとおかしくなります・・・
今週は、日曜日にもレッスンがあるんで内容が濃いなぁと思います。

さて、ここからはニュース等について。

「日教組」ってイメージ悪い?

これ読んだんですけど、もう唖然としますね。
「中村讓・中央執行委員長」って”ヒキョウグミ”もとい日教組の
一番えらい人らしんですけど、こいつもといこの人の発言は
まともな「教育者」とはとても思えない、というか理解できない・・・
なんというか勘違いしているんだよね。
明らかに自分達の思想を押し付けようとしている。
それは、「愛国心を押し付けるな!」とかいう主張に代表されている。
別に誰も「他国を憎め」とは言っていないのにこんなこと言い出す始末。

なんで日本だけを愛さなきゃいけないの。

今はグローバルな時代だって。

日経新聞だって、いつもそう書いてるじゃない。

そうした時代の中で、じゃあなぜ日本だけを大切にするの。

大相撲で、朝青龍や把瑠都(バルト)は土俵に上がるな、ということ。


痛いなぁ、、、誰も「日本だけ」とは言っていない。
こんなふざけた組織に入る先生も先生だよなぁと思う。
でもって政治資金問題の渦中にある「北教祖」(北海道)については
「言ってもきかない」って感じで他人事。
こんな方々に自分が教わってきたかと思うと、すごく残念。
でもって、こんなことを未来永劫続けていこうとするのであれば
まず、「仕分け」すべきは教師というものなのかもしれないと思います。
ボクの知り合いにも先生は何人もいるけど
こんな考えではないと信じたいところです。

そういえばこの話も忘れずに。

デヴィ夫人「普天間基地 移転問題」

実現性はともかくこういう発想は確かになかった。
例えは悪いかもしれないけど、発想の転換ってこういうことなんだろうな。
どこへ移転させるかという問題については、
どこにしたって反対しか起きないんだよね。
だとするなら、もう極論だけど、日本はアメリカに頼らず自分たちで国を守ります!
ということで自衛隊を増強して、自分たちで何とかするしかないんじゃないの?

「軍隊はいらない」「アメリカ出て行け」「平和を守れ」と言っても
隣の国から狙われちゃっているんだし、そこ考えないとさ。
もっとも社民党あたりが反対してダメだろうけどね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック