張子の虎と間抜けな鳩

無責任な奴がえらそうに喋ると腹が立つ。
だから鳩山にいまさら何を期待しているの?
本人もよくまぁ恥ずかしげもなく出てくるよな。

8月24日、火曜日、天気は晴天。
はっきり言って寝不足である。
これも完璧なまでに自己責任であり
さっさと寝ればいいのにグダグダと本を読んだりしているせいである。
正直、グダグダ読んでいると内容が頭に残らないので
それこそさっさと寝て早起きして読めばいいのだと思うけど
どうも最近、それが出来なくなってきている。

そんでもって今朝のようにちょっと暑くて早めに目が覚めて
いつもより10分早く出社すれば、エレベーターで
社長、総務部長、我が部長とボクという朝から気の重い
「歴代上司揃い踏み」みたいなことが起きるのである。
短時間で済むからいいものの、これが酒席であったら
おそらくはボクの過去の不行状が白日のもとにされ
歴代上司に共有されるところであったと思えば気にはならない。

今日は正直、完璧までに暇であったので
しばらく真正面から向き合ってこなかった
「プロジェクト・マネージャ」の役割や権限について
考えてみたりしてみたのだけど
やっぱり久しぶりすぎてあんまりまとまらず
これは明日も継続検討というところ。
企画部にいたときのやり残した仕事であり、
かつ後任というか担当者がまったく手をつけていないので
ちゃんとした制度というかシステムになっていないのだ。

根拠規定はボクがきっちりと(といっても条文は1つだが)
いまの権限規則に盛り込んであるし、
その下のレベルくらいまでは役割が決まっているんだけど
いかんせん「具体性」が乏しい書き方だし
他の社内制度との整合性が取れていないので
いまだに生きた仕組みになっていないのが気がかり。

オッサンたちは「慣れ親しんだ」というか惰性で
いままでの曖昧なやり方しか選択肢がないようなことを言うけど
(要は変化が嫌なんだろう)
会社として「プロジェクトマネジメントの強化」とか
大方針に掲げている以上、ここは何とかすべき。
収益が大事なことは言うまでもないけど
将来的にどうやって稼いでいくかの土台となる部分を
おろそかにするのは感心しないというか残念。
いつか自分で作ったコンセプトをぶつけてみたいと思っている。

なんて書いたけど、今日は暇だったから
仕事関係の本を探しに本屋に行ったりと
ちょっと気を抜きました。
帰りの電車では魂をぬかれたかのように眠ったみたいで
気がついたら隣のお姉さんがボクを枕がわりにして
普通に寝ておりました・・・
今日こそは早寝を目指します。

ということで今日のニュース。

野副州旦氏、富士通を提訴--3億8000万円の損害賠償もとめる

Fsasの扱いを巡っての対立という説もあるようですが
とにかくゴタゴタが酷いですね、富士通。
最初の開示で虚偽の内容を出すからだといかんのだよ。

「2020年がどうなろうと、おれの知ったことではない」という高齢者の国家道連れ願望

「願望」かは別にして、貯蓄の世代バランスとかみれば
本当、どこかで思い切っていまの不具合をそれこそ
血を流す覚悟で行わないと高齢者が元気で国が滅ぶということが
冗談抜きで起こりうるのではないかと思う。
ハマコーの「働いて、税金を納めて、さっさと死ぬのが老人のあるべき姿」という
冗談なのか本気なのかわからない言葉が現実的になってきているな。

「論理トレーニング101題」はスゴ本

この記事に書いてある問いはすんなりわかったから
少しは論理的な考え方ができているのだろうか?
いつかちゃんと読んでみたい1冊です。

野田財務相、緊急会見!…「為替動向、細心の注意と重大な関心を持って見て行く」

「見て行く」=「何もしない」という風に取れるのだけど?
案の定、円高が進んだという話ですが
本当、民主党は内輪もめばかりで危機感ゼロ。
お得意のばら撒きの原資だって輸出企業が
きちんと税金を納めてくれないとできないというのに。

小沢氏は「張り子の虎」 みんな・渡辺代表

同感。
小沢って別に政策的になにかがあるわけではなく、
数集めが得意なだけにしか見えないんですよ。
しかも前に出ずにコソコソするイメージ。
所詮は「劣化田中角栄」。

それにしてもまた鳩山がえらそうに喋っているのが気に入りません。
お前が投げ出したのがそもそもの原因だろう!
メディアもいちいち話を聞きに行くなと。

「龍馬伝」の高杉晋作がいい男すぎる件

こっちも納得。
やっぱり「世に棲む日々」を撮るしかないな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック