拍子抜け

1時間ほど「ゲリラ豪雨」に襲われていまして
一気に空気が冷たくなってきました、すっかり秋の夜です。

9月14日、火曜日、天気は晴れ場所により豪雨。
朝もだいぶ涼しくなったように感じた今朝。
なんでこんな日にあさから「メガ牛丼」の話を
わざわざ朝礼でする必要があるのかと小1時間ほど
その話をした青年にきいてみたくなったけど断念。

そんな胸焼けしそうな話から始まった本日は目がチカチカ・・・
ベンダーさんからでてきた計画書の類のチェックと
こちらの業務準備でほぼ終日、資料とにらめっこ。
計画書は内容がどうこうという以前の問題・・・日本語としてアウト。
でも、いつまでも計画ばかりにこだわってもいられないので
そろそろ業務に手を付けていただきたいところ。

とはいえ今日はやっぱりこのニュースだろうと。

【民主党代表選】菅首相が小沢氏に圧勝 721対491

選挙の仕組みとはいえ、思った以上に拍子抜けの結果でした。
小沢が勝ったら民主党は終わりだったと思います。
やっぱり「政治とカネの権化」としかみえていない人が
総理大臣になるとか無理だなという普通の反応でしょう。
もっともせめて自分の口でちゃんと説明していれば
もう少し支持もあったかもしれないけど、あの態度では無理。

ま、それ以上に小沢応援団の面子が酷すぎた・・・
あの面子では仮に小沢が「豪腕」(ちっともそうは思わないけど)だとしても
大臣とかにあの品性下劣というかお下品な皆さんが並ぶかと思うと
そっちの方が拒否感が大きかったのではないだろうか。
「鳩山外務大臣」とか「山岡○○大臣」とか「谷文部科学政務官」とか・・・
無理だね、無理、断固として無理。

それにしても今朝の鳩山ルーピーのツイートには参りましたね。

「代表選挙の応援団を見ていると、
官僚出身、元アナウンサー、政経塾出身、弁護士は菅総理側が多いように思う。
一方の小沢元幹事長側には一匹狼的な議員が多い。
偶然だろうか。私には覚悟の差のような気がしてならない。」

なんて書いちゃっているわけですよ、アホだな。
もっとも覚悟も責任感も恥じも外聞もない「ボンクラ息子」が
人様の覚悟を問うとか、キングメーカー面するとか
「小沢敗戦の戦犯」がいるとすれば鳩山は筆頭かもしれない。
この人の支持なんて国民からすれば怒りを買うだけだっただろうに。

ま、問題はこのあとですね。

菅首相、続投

【雑談】菅さんかあ

で、人事はどうなるのか?とか小沢一派は党を割るのか?とか
気になりますが、まずは円高対策と中国にどう落とし前つけさせるのか?という点。
あの薄っぺらい総務大臣とか悪代官フェイスの農水大臣とかは
やっぱり変わるのだろうか?
もう、菅さんは「純化路線」を突き進むしかないと思います。

ってことで今日の最後はこれ。

【悩みのるつぼ】おかしくなった二人の息子

朝から読んで唸ってしまいました。

<おまけ>
JOKERの最終回を見たのですが
これ、やっぱり続編作るんですかね?
そんな感じに見えました。

それにしても杏がきれいだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック