こうしましょう

久しぶりに憂鬱な日曜の夜。
明日やることを考えるがたくさんあって・・・フゥ。

11月21日、日曜日、天気は晴れ。
昨日は14時間くらいしか起きていなかったのに
グースカと眠り、起床は10時。
外はいい天気ということで窓を思い切りあけて
部屋の空気を入れ替えてみました。
そういえばこないだ買った布団が届いたらしく
明後日にでも取りにいかなくては。
もしかしたら仕事かもしれないけど・・・

ツナソース(醤油風味)のパスタに
最近愛用の鰹節いりラー油を数滴たらして食べてゴルフスクールへ。
今日は2ヶ月に一度のビデオ撮影。
そんな日なのですが、相変わらずスイングがおかしくて
ビデオを撮ってもらったのに1球はミスりました。

コーチとビデオ見ながらスイングのチェック。
やっぱり下半身が上手に使えていないですね。
逆に言えば上半身は自分でもわかるほどに
プレーンに乗ったスイングができていました。
まだまだスタンスが狭いというか膝の曲げが足りないみたいです。

確認後、スタンスをより広げて膝を曲げて
重心を低めにしてスイングしてみると
あら、不思議、いい感じ。
そういえば春先くらいまではこんな感じで
打てていたと思うんですけど、なんですかね?
練習不足というよりはドライバーの練習にかなり力を入れたので
アイアンのスイングがおかしくなっていたのかも。
膝を曲げたことでスイングの軸もぶれていないみたいだし
結構、いいことづくめのような。
っていうかボクが覚えている打感が戻ってきました。

忘れないようにしないとね。
あとはこれをドライバーでもできるようにして
(実際にはドライバーは出来ているような感じだけど)
安定して打てるようになればいいです。
とりあえず風呂上りのストレッチにドリルを復活させます。
膝はきっちりと曲げることを忘れないように。

帰宅後はボケーっと再び。
相撲中継⇒ニュース⇒もやもやさまぁーずの流れ。
今宵のもやさまは「吉祥寺」ってことで
うちの家族としても見たことあるなぁという場所がいくつか。
最近、駅の南口には行っていないので
今度、何かの機会に散歩してみたいところです。

そしてお待ちかねの龍馬伝。
最近ほとんどこんな流れですが
今宵はいよいよというかとうとう「大政奉還」。
今週も「決断」のドラマでした。
今回は265年続いてきた徳川幕府の終わりと
そして700年続いてきた武士の世の中を終わらせるという
ものすごく大きな決断へのプロセスが描かれていました。
際立つのは龍馬の「実現力」。
それが薩摩、長州、幕府すべてに恐怖と危機感を与えるという
来週の最終回に向けた大きな流れになっていました。
個人的にはやっぱり先週の方がグッときました。

龍馬伝と坂の上の雲で気持ちは前向きになれそうな日曜の夜です。

ってことであとはニュース。

「どうにかしろ」を一歩とし、「こうしよう」にまで高めていってほしい

「就活どうにかしろデモ」開催 23日(火)

ボクは一応、氷河期世代(2002年入社)です。
幸せなことにいまの会社に内定もらうまでに受けた会社は
10社弱だったと思います。
あの頃はちょっとだけITバブルってのがあって
IT企業は採用があったんですよね。
ボクはそこそこに怠惰な文系学生で
決して偏差値の高い大学でもなかったので
(名前は有名ですけどね)
「コンピューターを使った仕事をしてみたい」っていう
すごく漠然とした考えだけもって就職活動をしていました。

いま言われている自己アピールだとか自己分析とか
バイトでのリーダーシップだのサークルでの経験だのを
特段まとめるでもなく、SPIの勉強なんかまったくせずでした。
ただ、自分の言葉で話すことは意識していました。
仮に面接でサークルのこと質問されたときも
事実と自分の感覚なり考えを正直に答えたくらいです。

ま、ITは会社に入ってから勉強すればどうにかなると思っていたし、
仮に小さな企業であっても、そこは「個人」の世界ですからね。
あんまりえり好みせずに会社を受けていました。
実際、会社に入ってからのほうが勉強してますよ、間違いなく。

新卒偏重の企業の姿勢はおかしいとボクも思いますが
それを誰かに「どうにかしろ」って言うだけでは多分、変わらないです。
既得権はみんな手放したくないからね。
もし本気で訴えるなら「こうしてくれ」と具体的なプランを
提示したらどうだろうかと思います。
会社に入ってから大事なのは「どうしましょう」ではなくて
「こうしましょう」っていう姿勢です。

鳩山前総理が菅政権に苦言「何をしたいのかわからない」

こんな大人もいるけど、そのうち消えますのでね。
法務大臣も官僚に「踏み込んだ答弁を」とか責任転嫁せずに
きっちりと自分の言葉で語ればいいのです。

583枚の証明。秋って美しい!

さ、また戦いの日々がはじまるな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック