情熱大陸20110417 『古賀淳也』 #jounetsu

「水泳道」って言葉がしっくりくる人。
ただその道のりは果てしなく遠そうだけど。

きっとしばらく情熱大陸という番組は
「震災」前後の映像が入ってくるんだろうなと思った今週の放送。
それはきっと取材対象の人たちの行動だったり、言動だったりに
変化を及ぼすんだろうなと思うわけです。
今週の放送はその最初だったんだろうと思います。

「水泳」ではなく「水泳道」

古賀さんにとって水泳は「競技」ではなく
自分を高めるために突き詰めていく「道」ってこととのこと。
「柔道」「剣道」「合気道」「弓道」(「空手道」とも言うんだっけか)と
いまはスポーツというくくりの中に入っている「武道」は
確かに鍛錬を通じて技術だけではなく心を鍛える「道」です。
「茶道」「華道」「書道」・・・みんな心身を突き詰めていきますね。
競技一辺倒ではなく、競技を通してどうやって自己実現をしていくかということを
とても重要視しているんだということが驚き。
そういう感じを漂わせている人はあと・・・イチローとかかね。

競争は手段であって、目的ではない

同じことを高校の時の日本史の先生に教わりました。
あれは確か「最後の授業」のとき。
「競争はスパイス」だったかな、正しくは。
誰かと競って勝つことは目的ではなく、自分が成長するためのきっかけだよと。
結果は確かに出るんですよ、競走だから。
でも、勝つことを目的に置いてしまうと長続きしないんだよね。
で、いつのまにか「何のため」にやっているのかがわからなくなってしまう。

古賀さんには入江選手というライバルがいるわけですが
きっと古賀さんは自分のタイムをよくしていくことによって
自らを成長させていこうと考えているのでしょう。
結果はあとからついてくるはずです。

それにしても3時間もいろんなジャンルについて話せるってのは
本当にインプットの量や好奇心が多いんだと思います。
あれだけのアウトプットを出すには・・・相当でしょうね。
PHPなんてプログラミングの本もあったし、
一流アスリートが「読書家」というパターンは結構あるみたいですが
多岐にわたる感じが新鮮でした。

個人的なことをいえば、「道」に迷い気味のボクとしては
「○○道」と呼べる何かを突き詰めたいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック