まほろ駅前多田便利軒(映画)

原作をぶち壊す映像化は世の中にたくさんありますが
この映画は原作を大事にして、映像のよさが出ていたと思います。
エンディングテーマもとてもよかったです。

先日、原作の方を読んでこんな風に書いたので、
今日は天気もよかったし、時間もあったし、何より見たかったので
電車で二駅乗って、映画版を見に行ってきました。



主演の2人、瑛太さんと松田龍平さんが
主人公である多田と行天を本当に丁寧に演じていて
こないだ読んだ原作のたくさんのシーンを思い出しました。
それでいて映像でしか表現できなかったり、
原作にはないセリフが入ってきたりしても
それがまったく違和感がないというのは
演じた2人と監督であり脚本を書いた大森監督の実力ですね。

ストーリーはまったく派手な展開はありません。
もちろん「事件」めいたものが起きるわけですが
それがなんというかちょっと緩い感じで進んでいく。
でも、そっちの方が妙にリアルで
舞台となっている「まほろ市」(東京都町田市)の
あの猥雑な感じにすごくマッチしていました。

ちょこちょこ笑えるシーンがあったり、
松田龍平にしかいえない一言があったり、
見終えたあとに「よかったな」と思わせる映画です。

愛を与えてもらえなくても、愛を与えることはできる

響きますね。
与えられるのを待つのではなく、まず自分から与える。

それにしても大森監督の家族の使い方が贅沢。
麿さんも弟もさらっと出てきます。
そして高良健吾の存在感・・・あの目つきは良いです。

最後にこの映画の音楽はくるりの岸田さんが担当。
エンディングにかかる「キャメル」という曲が
この映画に本当にマッチしていますので
見に行った方は最後まで聴いてみてください。

まほろ駅前多田便利軒

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画「まほろ駅前多田便利軒」髪の毛がうるさい

    Excerpt: 「まほろ駅前多田便利軒」★★★☆ 瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ出演 大森立嗣監督、 123分、2011年4月23日公開 2011,日本,アスミック・エース (原作:原題:まほろ駅前多.. Weblog: soramove racked: 2011-05-10 07:06
  • まほろ駅前多田便利軒

    Excerpt: 東京のはずれに位置する“まほろ市”の駅前にある便利屋「多田便利軒」に舞いこむどこかきな臭い依頼の数々。多田と行天のコンビが、自らの問題を抱えながらも解決していく魅力的 ... Weblog: たび☆めし☆うま BLOG racked: 2011-05-17 00:33