毎年恒例

実質的には今日、2度目の投稿。
こっちは現時点で何も考えていない感じです。

6月30日、木曜日、天気は晴れときどき雨。
朝起きるとTシャツが汗だく、夏ですな。
そんな日はさっさと仕度をして出勤。
冷房の効きが弱くて急病人が続出しそうな中央線ですが
それでも座っていられるだけ十分だと思います。
だけど混んでくると座っているだけで汗がでてくるってのもねぇ。

会社ついて早々にいくつかの資料をかき集めたり、
火曜日までの出稼ぎの後始末をしたり
昨日のお客さんとのミーティングの整理をしたりで午前中は終了。
お昼は今日で退職の元上司を送る昼食に御呼ばれしまして
えらい人にご馳走になってきました。
「高い肉は美味しい」という基本的なことを学び
そして本当にお別れをしてまいりました。

午後からは社外でイベント。
毎年繰り返されるイベント。
年々、改善はされているんだろうけど、魅力が薄い。
せっかく人を集めるんだからもう少しやり方があるのではないだろうか?
あまりに退屈なので途中退席、来年は辞退したいレベル。
そのまま帰宅することにして、途中の夕立をやりすごすために本屋さんへ。
最近のモヤモヤをなんとかするために、また勉強しようと思い、参考書購入。
正直、また資格を取ったら、さらにいまの仕事から抜け出せなくなるのでは?という
ものすごい自己矛盾を抱えているのですが
何かに集中していないと、本当に気持ちが凹んでくるので仕方なし。
もともと勉強しようとは思っていた分野だし、やりたいことにつながると思うので。
昨日の送別会に現場の部長と人事部長が来ていましたが
現場の部長さんが人事部長に「もっと人材に投資しろ」っていたのを思い出しました。
本当にうちの会社はその辺、ショボイというか個人と現場が頑張っています。
惜しむらくは「技術」に偏っていることかな。
情報処理の資格全部持っています!とかいるけど・・・なんか役立っていないです。

ってことで2011年も前半が終了。
そして2011年度も第1四半期が終了ということで
なんだかわからないけど、ちょっと焦っています。

では、ニュース。

「ファン800人が羽田で歓迎」のチャン・グンソク 実際は「謝礼2000円」の応募者100人だった

チャン・グンソクを空港で出迎えたファンは2,000円のアルバイトだった件

いまいちというかまったく「グンソク」さんがわからないです。
CMで拝見しましたが名前は知りませんでしたし、
せいぜい毎朝なぜかめざましテレビが芸能ニュースのトップにする人という
なんだか不思議な人だなという認識なのですが
人気あるんならそれでいいじゃんよ、なんで姑息なことするんだ?
実は人気ないんです!ってことなのか?
気になるのは主催者が800名と言っていたけど
実際は100名程度だったというところ。
この辺はデモの人数と似ておりますな。

民主党執行部より一枚上手だった菅、亀井両氏

別にあの器のなかで誰が上手だろうが構いませんが
国民に迷惑かけるなと、これ以上、不信感を抱かせるなと、
だいたい菅と亀井の組み合わせなんて誰が望んでいるんだ?
当事者だけでしょ。

電力危機をあおる橋下知事

日本の電気代の国際比較

やっぱり「急激な揺り戻し」というか「反動」なんですよ。
いままで「絶対安全」といっていたから一度のきっかけで「絶対危険」になっているし
その不安定な状況のなかで「なんとなく正しい」みたいなことを言うと
それはいつのまにか「正義」のようなニュアンスになるんですが
でも、よく考えると、調べてみるとそうでもないという話はよくあります。

別の話になってしまうけど「揺り戻し」ってうちの会社でもあって
「新しいこと」にチャレンジするのが好きだった社長の時代から
いまは「保守的」な社長(経営陣)になったので
何するにしても「リスクは回避」なんですよ・・・
一応、業績的に問題はないんですけど、それこそ新しい流れに
あっという間に乗り遅れて取り残されるのではないかと心配。
それと社内に漂う閉塞感は結構なものです。

【U-17日本代表】快進撃を見せる吉武ジャパン。大型DF岩波と植田の可能性

これは末恐ろしいと見たほうがよいのだろうか?
次はブラジルと対戦だそうで、アルゼンチンに続いて
ブラジルも破ったとしたら相当な快挙。
去年のフル代表の活躍が自信になっているんでしょうか。

オリンパスから「E-P3」が登場。さらに「E-PL3」「E-PM1」の予告も

あれ?ちょっとデザイン、微妙じゃない?
どっちにしてもそろそろ本気でカメラ買わないとな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック