普通に合格

試験を受けるときはいつも不安ではありますが
たいてい終わったあとは「あの不安はなんだったのか?」と毎度。
やっぱり根が小心者ってのが一番大きいんだろうな。

12月8日、木曜日、天気はくもり一時雨。
今朝も早朝に軽い揺れで一度起きましたがすぐに眠りに。
その時点で寒いなと思ったのですが
やはり起きたときに布団から出るのが億劫になってきました。
今日は休暇を取って試験を受けるということで起床も30分ほど遅め。
正直、まだまだ体調は戻っていませんが
申し込んでしまった以上、回避するわけにもいかず支度して出発。
今日受験したのはこちら。

ITIL Foundation

簡単に言うとITサービスの企画、開発、運用の基礎みたいなもの。
その標準であるITILって規格の基礎理解をはかるってことで
うちの会社でもちょこちょこ持っている人がいるレベル。
ちなみに日経ビジネスのアンケートではそこそこ人気があるみたい。
(PMPはかなりの人気でしたな)

正直、本当は夏場に受験する予定だったのですが
8月半ばからの怒涛の仕事で受験どころか
勉強したことすら忘れかけまして、少し遅くなってしまいました。

CIA試験は有明、PMP試験は茅場町と
なんとも我が家からは毎度遠い場所が会場だったのですが
今日の会場は電車で二駅(6分)という近距離なので
どこか緊張感緩めってのが実は一番の不安要因。

受験開始から30分弱で見直しまで完了して終了。
コンピューターに回答していくのですぐに結果が判明。
「合格」ってことで一安心・・・落ちたら泣くよ、本当。
これで下期の資格取得目標は達成だし、
受験料は会社から補助が出るし(褒美はないそうだ)
CIAとPMPの資格維持ポイントに適用できるし満足です。
一応、次はって考えていますがまだ思案中です。

で、受験終了時刻が9時半・・・
それこそ会社に行けるではないか!って時間なのですが
提案書の作成は目途がついていますし(今日の状況でどうなるかは不明)
それなら映画でも見て帰ろうということで「素敵な金縛り」を鑑賞。
深津絵里が素敵過ぎて身悶えつつ帰宅。
その後はコタツに埋もれて終了。
明日は提案書を仕上げて提出してまいります。

ってことでニュース。

見どころ満載『FNS歌謡祭』。“嵐の音程”、“アッコのリベンジ”、“ゆず北川・高島アナ共演”をまとめて解説。

【FNS歌謡祭】 嵐の生歌が酷すぎてツイッターとか大荒れ

昨夜はコタツで試験勉強しながらBGM代わりにこの番組を見ていたのですが
マツケン・マハラジャや「谷村&ゆず」のようないいものもあったのですが
どうしたって昨日は嵐の歌がね・・・あれは結局アクシデントなんだろうか?
ものすごく会場が音がとりにくい感じだったのではないか?とか思ったのですが
その後、他の歌手ではああならなかったし、ま、かなり気の毒な展開でした。
個人的にはハカセタロウの情熱大陸と押尾コータローのギターがよかったです。

2011年、本好きが選んだいちばん面白い本 TOP10

「偉大なる、しゅららぼん」は読みましたし、面白かったです。
個人的には今年は年明けに一気に読んだ「坂の上の雲」や
三浦しをんのまほろ、舟を編むとかいろいろ読みましたし、
「探偵はバーにいる」シリーズもっていうか新作は少なめですね。
直近のオススメは「舟を編む」です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック