区切りではなく通過点

「一年」というのは区切りだとは思うけど、「通過点」のはず。
これで何かが終わるわけではないし、始まるわけでもなくて
目の前の現実を受け止めて、できることをやっていこうと思います。

3月11日、日曜日、天気は晴れ。
震災から一年、あの日から「3月11日」というのは
特別な意味を持つ日になってしまったことは否定できません。
「瓦礫の受け入れ拒否」の話とか「福島の人への放射能差別」とか
あれだけ「絆」とか言っていたくせに、気がつけばあっという間に
「我欲」ってのが前面に出るようになっているような気がしてなりませんが、
そういう言動に対して冷静に判断して行動できる人が
圧倒的に多数だということです。

一年は単なる経過点だ

今日は日本だけでなく、世界中でたくさんの人が
一年前に起きた未曾有の震災について考え、
犠牲となった方々への追悼の思いや祈りを捧げていて
実を言えばゴルフスクールでもレッスン中に
ちょうど「14時16分」をむかえて黙祷しました。
なんだか少し不思議な感じもしましたが、
大事なのは「一年目」だからではなくて毎年、続けることでしょう。

〈東日本大震災追悼式〉天皇陛下のおことば

国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくようたゆみなく努力を続けていく

陛下が仰るこの一言がこれからも大事にすべきことですね。
そのためには鎮魂や追悼の気持ちを忘れずに
でも、それだけではなくて「前へ」という視点と「感謝」の気持ちで
日々を生きていくことが必要なんだと思います。

と、なんだかここまで書いていて息苦しくなったので
ここからはいつものパターンに。

実のところ、本日は両親の結婚記念日(33回目)なんですが
またもやダメな息子(娘もいるが)としてはすっかり忘れておりました・・・
ま、子どもがなんかするのも微妙なところなので当事者にお任せです。

で、今日も昼からはゴルフスクールへ。
先週はどうもおかしかったスイングなんですが
「右肩から始動」ということを意識したところ安定を取り戻しまして
気持ちよくスイングできるようになりました。
相変わらずヘッドスピードは40m/s弱なんですが
まずは安定させた上でスピードを上げていきたいところです。
ちなみに今日は傾斜台で左足下がりの練習をしたのですが
これが実にいい感じで、いつの間にか傾斜上手になったようです。

帰宅後は一眠りして試験勉強・・・しようと思ったら姪が遊びにきてお付き合い。
そういえば震災当日、ようやくつながった自宅への電話のときに
姪の無事も聞いたことを思い出しました。
再来週には2歳になるんですが、よく喋ります。

その後はモヤさま⇒大河のいつもの流れ。
でも、今宵は「情熱大陸」がよかった、本当によかった。
なんとなく各局の震災特番が重苦しさ、悲しさが前面に出ていたのとは違って
前を向いていく感じが心に響きました。

東日本大震災 1年 一局だけ黙祷してないテレビ局がある・・・

テレ東のよさはこういうところでしょ。
「押し付けない」ってことも大事なことだし、優しさ。
正直、各局が同じ時間に同じネタを繰り返しやって選択の余地をなくすのは
それこそ無駄でしかないし、傲慢ってものだよ。
我が家はゴルフ中継⇒相撲中継でした。

ってことであとは備忘録。
というかこの内容を読んで、ボクの考えを書いてみたいのです。

第2回:SIerでのキャリアパスを考える ~ここにいても大丈夫?SIerのメリット・デメリット~

「SIerでのキャリアパスを考える」というイベントに登壇しました

SIerでのキャリアパスを考える勉強会に参加してきた


ボクは技術者ではないけど、SIerで働いているので
この内容を読んでいろいろ考えたいと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 忘れずに進んでいくこと

    Excerpt: 「忘れないこと」が大事なのではなく、 「忘れずに進んでいくこと」が大事だと思います。 張り詰めすぎず、緩むことなくを続けていきたいです。 Weblog: 気ままな雑記帳 racked: 2013-03-11 23:36