ボクの就職

月が替わったらなんだか拍子抜け。
せっかくなので休養します。

3月1日、木曜日、天気は晴れ。
今年は一日長かったとはいえ毎年のことながら2月は
全速力で駆け抜けていってしまいました。
先月は本当に仕事ばっかりしていたような感じで
気がつけば32歳になったのですが、それも遠い昔の気がします。

今朝の通勤は結構な危険とともに。
昨日降り積もった雪は20cm以上ってことで
自転車で駅までというのはさすがに断念して
父に車で送ってもらったのですが路面がかなり凸凹。
住宅街の道は車のタイヤのあとだけが除雪されていて問題なし。
ただ、幹線道路は昨日、チェーンタイヤで踏み固められた路面は
障害物のような氷の塊によって凸凹・・・
否応なしに車は低速にならざるを得ないんですけど
怖いのはそんな路面をノーマルタイヤで走る車たち。
帰り道にはすっかり溶けていたので明日以降は安心です。

ということで今日から3月。
昨日までのチームは本当に解散状態でして
課長は今日から名古屋へ長期出張、後輩はお客さん先へと旅立ち
残るは部長、担当部長そしてボクという有様。
実際、提案書は現在審査中で来週プレゼンという段階のため
なんとなく身動きが取れないところ。
部長たちは来年度の事業計画の方に取り掛かっていて
ボクは手持ち無沙汰・・・
とはいえボケーっとしているわけにもいかないので
提案書にいつもつける開発事例をつくることに。
なんて思っていたら明日の会議の準備を手伝うことになって
結局、今日はその仕事に一日の大半を費やしました。
なんだかんだで明日はすることがないので休暇を取ることに。
ゆっくり休もうと思います。

それにしても今宵はブラタモリが新宿ということで
毎日のように通る場所が映っていてテンションがあがりすぎました。
追分とかもう本当にあそこの交差点よく行くしね。

ってことでまとまらな感じでニュース。

行かずには死ねない…感動すること間違いなしの世界の絶景ポイント26カ所

どこも行ってみたいですが、イタリアとか旅したら楽しそうですな。
もっともいまはどこでもイイのでフラッと旅したいです。

賦課方式から積立方式へ

ボクも積立方式の方がいいなと思います。
やっぱり制度はわかりやすいほうがいいですし、
その方が透明性も維持されるし、無駄も減るはず。
システムだって絶対こっちの方が作りやすいでしょ。

就活に失敗して思うこと

ボクはこれを書いた人と同じ32歳。
あの頃は本当にIT業界くらいしか採用が多い業界はなくて
そういう意味で「SE」になった人は多かったはず。
ボクは学生時代は何にも勉強していなかったけど
これからはネットを使ったビジネスが広がるだろうなんて
ものすごい漠然とした感覚でITの仕事をしたいと思っていまの会社に入り、
結果的にSEにはなることなく10年目が終わろうとしています。

この10年で同期は4割くらい辞めたと思います。
もともと興味が無くてあっさり辞めた人もいるし、
心身を壊して辞めざるを得なくなった人もいます。
原因はわかりませんが先日はとうとう亡くなった人もいます。

ボクだって逃げ出したい日もあったし、
楽しかったことより、辛かったことの方を思い出しますが
確かにこの人が言うように

「自分を大事にする」とは「自分の欲望を大事にする」「自分の直感を大事にする」ということだと思う。

これは大事なことだと思います。
自分のやりたいことをどうやって実現していくかって考えて
そのために日々を過ごしていくことは、幸せだと感じています。
そういう意味ではボクの就職はいまのところ成功なんでしょう。

ようやく届いた青森の雪 那覇の児童ら「冷たいんだ」

安心しました。
こういう風にちゃんとした対応がなされることが大事。
感情的に騒ぐだけの人たちに惑わされることは
いろんな意味で危険です。



スカパラの新曲です。
新しいアルバムが楽しみです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かお
2012年03月01日 23:43
私ね・・・SEの仕事、大好きだったんだよ。体壊してやめちゃったけど。
あれほど過酷にやらなくても大丈夫な職場だったら戻りたいけど
それはきっと不可能に近いことだと思うから、もうやらない。
でも、すごく楽しかったなぁ、あの頃。

でも、その楽しさを全然分からない人もいたりして、
そんな人は、ある日突然失踪したり、こなくなったりしていたよ。

私は結構、やるってなったらどんなことにも楽しみを見つけられうタイプだから、
どの仕事でもそれなりに楽しめると思うんだけどね、
そうじゃない人のほうが多いのかな。

と、リンク先読んで思った。
著者
2012年03月02日 22:27
人それぞれと言ってしまえばそれまでなんですけど
楽しめるかどうかってのは個人差があると思います。
SEの現場ってしんどいくても楽しいときもあるし
逆に平穏すぎてつまらない現場もありますし。
ボクは環境にアジャストするのに少し時間がかかるので
リンク先の人の気持ちが少しわかります。

この記事へのトラックバック