通りを歩いたところで・・・

連休の谷間の出勤日。
ふと見れば9連休の同僚もたくさんいるのを見ると
ちょっとだけ休めばよかったと後悔する本日。

5月1日、火曜日、天気は晴れときどき雨。
正確には朝っぱらちょっとだけ雨がぱらついたせいで
なんだかモワっと蒸し暑かったわけでして
駅に着いたら妙に汗が垂れてきました。
電車はさすが連休の谷間ということで空いていて
ありがたいことにいつもより早い電車に座って通勤。
途中で寝てしまって気がつけば新宿。

全体的には出勤している人が多い我が社。
システムってこの連休は大きな切り替えすることが多いので
(金融機関のATMが止まるのはそのせいだったりする)
きっと一部の現場では最後の最後の追い込みだったりするんだろうけど
ご多分に漏れずうちの会社も月初ということと合わせてバタバタ。
カットオーバー後の祝電の準備している営業さんとかエライなと思います。

ボクの仕事も月初ということでの作業がちょこっと。
朝一でその仕事は終わってしまい、今日は溜め込んだ雑用の片付け。
先日のイベントの写真をプリントしてお客さんに送ったり
まったく手をつけられていなかったミーティングのメモを書いたり
もしかするとこれが通常営業なのかもと思いつつ
これから7月末までは本部全体の仕事もカバーしたり
システムのユーザーテストが入ってきたりでパンクしそうです。
とはいえこれだけ一気に様々な仕事をさせてもらえるのは
きっと会社の中でも本当に限られた人数だと思うので
そこはやりがい感じて取り組んでいこうと思います。

そんな今日の昼下がりのこと。
外出時に遭遇したのがデモ行進の大集団。
明治通りを歩く様々な企業組合?の方々は
先週の土曜日に集会したのでは?と思ったけど結構な数。
それにしても道路を一車線塞いじゃうのはいただけない。

はっきり言って迷惑なんだよね、うるさいし・・・
拡声器で声をはりあげるのはいいけど、
何言っているかわからないんじゃ本末転倒ではないかと。
なんて思っていたらtwitter上でも夏野さんが同じこと言っていて
しかもなんか意味不明な絡まれ方していて気の毒でした。
正直、いまの時代、もっと違うやり方があるんじゃないかね?
通りを徒党を組んで練り歩いてもいまは共感得られないと思うのです。

もっと言うと名の知れた大企業の正社員さんが
「雇用を守れ!」だの「賃金上げろ!」だの吠えるのは珍妙に見えます。
別に悪いことではないんだろうけど「正規・非正規」の問題が
これだけ取り上げられている中だと、なんとなく違和感を覚えます。

なんてことを思って今日は帰宅。
明日もどっちかっていうと雑用メインだけど出勤します。

ってことでニュース。

二股した俳優・塩谷瞬が記者会見で号泣謝罪

なんでこんなに盛り上がっているのか意味不明。
正直、テレビはアホなんじゃないかとつくづく思う話。
だけど「パッチギ」の出演者はどうしたんだ・・・
沢尻、高岡そして塩谷ムチャクチャ。

「完全に牛舎」 ドリームハウスでまた酷い家が建ったと話題に

一件目の狭小住宅はまだよかったけど、これはすごいな・・・
毎度、この番組を見ているうちの母も「波板なんて嫌だ!」と
見ていないボクにまで感想をいったくらい。
でも、この設計、なんか賞に通っていたんでしょ?不思議だね。

小室哲哉が最大級のRT呼びかけ 「SONYブランドの曲をiTunesで売ってくれ」

いや本当、小室さんは正しい。
どこまでSONYはダメなんだって話なわけで
自分たちで顧客とのチャネルを断っちゃうのは理解不能。
新しい社長さんがまともな判断をしてくれることを希望します。

「有名人になる」ということ、勝間和代

なんという絶妙なおちょくり具合。
勝間さんの本を1冊だけ読んだボクも苦笑しました。
ただ、たまたま買ったその本はフレームワークの話だったので
こういう色気のある話ではなく、固い中身で勉強になりました。

上杉隆がまた嘘!江川紹子「わらし上杉氏から手紙なんかもらってませんけど」 @uesugitakashi

こうやって毎日、ウソがばれてまた嘘をつく日々か。
もはや「つまらないタレント」レベルの上杉さんですが
そろそろ本気でヤバイと思うところです。
ま、いなくなっても困る人少ないっていうかメリット特大だしね。

グランツーリスモ5写真集

あ、買ったのにそんなにやってないんだよな・・・
連休のどこかで久しぶりにやってみるかね。
それにしても画像が素晴らしいよ、本当。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック