Facebook

せっかくの連休なので新しいことを始めることにしました。
それは「Facebook」・・・いまさらかよ!ってご指摘は甘受します。
でも、まずはやってみないとわからないですし。

5月4日、金曜日、みどりの日の本日は祝日。
天気は晴れ、雷雨、虹(二重)、狐の嫁入り、晴れ、雨・・・
まったくもって天候が不安定な東京郊外。
それでも東北や北関東のように被害や避難勧告がでていないだけ
まったくもって大過なしといえるレベルではあります。
とはいえせっかくのGWの後半が2日も雨というのはいただけないところ。
きっと川原でBBQとかキャンプとか考えていた人もいるだろうし、
高尾山でも登るか!って人もいただろうけど
その辺は結構、厳しいことになっていると思います。

かくいうボクにいたっては何にもしていません・・・という情けなさ。
この数年、連休直前まで仕事でバタついたり、
スケジュールが決まらないことが多くて「予定なし」で
GWに突入してしまうのが当たり前のようになっています。
言い訳じみていてまったく潔くないのですが
混んでいるときに無理して出かけることもないよなという
ものすごく消極的な発想が一番の理由だと思います。

そんな本日の起床は9時半過ぎ。
この時点でグダグダだけど、そのまま午前中はグダグダ。
昼食後に晴れているので買い物にでも行こうかと思ったら
突如として鳴り響く雷鳴・・・降り出す雨、半端なし。
こうなってしまうと出かける気力なんてあっという間に失せてしまい
結局、「相棒」のスペシャルの再放送をガッツリと視聴。
そのまま夜になって・・・あ~あ、救えないな。

という情けない話はさておき、冒頭の話。
昨日、Facebookのアカウントをつくりました。
実を言えば以前から気にはなっていたし、興味もあったのですが
いかんせんこのブログ&twitterもやっているんで
これ以上、手を広げても中途半端だろうと思って
あえて踏み込んでこなかったわけですが
毎度ながらの好奇心にとうとう負けましての登録です。
ただ、やっぱりもう1つのコミュニケーションの方法として
無視することはできないレベルというのも事実ですし、
いずれどこかのタイミングで仕事上、必要になることも
可能性ゼロというわけではない以上、使っておくべきかなと思って
ある程度、時間が取れるこの連休に始めることにしました。

まだまだわからないことの方が圧倒的に多いわけですけど
高校の同級生とかとつながる感覚は不思議です。
ちなみに叔父と妹もやっているんだが、まだ知らせておりません。
そのうち「友だちリクエスト」でも出してみますかね。

明日はどうやら晴れるようなので、少しカラダを動かしてみようと思います。

ってことであとはニュース。

OPK、早野龍五氏をdisる

まったくもってアホな話。
さすがにこういう明後日の方向に向かっている方々は
もうそろそろ本当に淘汰されつつあるんだとは思いますが
きっとかつての過激派よろしく地味に生き残るんでしょう。
っていうか一説によればそういう方々の
「最後の食い扶持」という話もあるようですが・・・

瀬戸内寂聴氏「戦争中の方がまし」とはあまりに酷い

B29に高射砲打っていた亡き祖父が聞いたら怒るだろうな。
っていうかうちの祖母なんか落ち着いたものですよ。
やっぱり戦争を生き抜いた世代はちょっと違う。
だから寂聴さんがこんなことを言ったとしたら残念。
少なくとも国民の大半が「命の危機」を常に感じているような状況と
いまはまったく違うと思うんだけどな。
っていうか90歳にもなってハンストはやめたほうがよい。
ぶっ倒れたら命に関わるかもしれないし、
それによって医療費が使われるんだからさ。

大阪維新の会の新条例が面白すぎて笑える

「維新」なんて危ういものですよ、明治維新しかり。
結構、ムチャクチャなことを明治の時だってやっているわけで
橋下さんとその仲間達が言うことがぶっ飛んでいることは
別になんともおかしくないわけですけど
問題はそれを「正義」として押し出したり、信じちゃうこと。
で、もっとおそろしいのは意外と橋下さんが君子豹変するんで
ハシゴが簡単にはずれることでしょうね。

古賀茂明氏の徳治主義

ある時点から古賀さんの発言が妙なことになっているなと思っていましたが
こういう解説読んでみるとなるほどなと思うところもあります。
で、あの飯田某って人の発言の胡散臭さはなんとかならないのかね?
本当、適当なこといって、無責任にも程がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック