間抜けの言い訳

「船頭が多すぎる」ならいいんだけど、「船頭がいない」は困りもの。
「仕切る」って大事なことだけど、できない人には苦痛なんだろうな。
ただ役目上そこはやってもらわないと周囲が大変です・・・

6月11日、火曜日、天気はくもりときどき雨。
いろいろあってとある仕事が今日から本格始動。
ボクも一応関係者だけどあくまでメインで動くわけではないので
必要に応じてサポートというかタスクをこなす役回り。

プロジェクトなんてものは立ち上げ直後はグダグダするというか
何かにつけ未決定事項であったり、担当がいなかったりで
どうしても動きが悪いことがあるので驚くことはないのですが
いかんせん「わかりきっていたこと」「想定しておくべきこと」について
何ら手を打っていないという状態は正直ガッカリしてしまいます。

「想定外」についてはチームとしてフォローしていけばいいですけど
「想定内」は仕切るべき人がきちっと「我が事」として取り組んで
メンバーに必要な指示をださなくてはいけません。
(プロジェクトってそういうものだと思います)
でも、それができない・・・仕切るべき人が動かないと悲劇です。

ということで今日はほぼ終日、仕切れない方々の尻拭いなりフォローに
多くの関係者が追われることになりましてかなりクタクタ(肉体より精神)です。
帰り道につぶやきましたが、とにかく優先順位がつけられずに
気になったことだけヒステリックに騒いだところで
最終的に達成すべき目標なり成果からしたらそこは「?」という展開。
結果的にヒステリーな方にキーキー言われたらいやになるだろうと・・・
許容量というか柔軟性というかが不足しがちなんだろうな。

やはり普段ガチガチのルーティン業務の人を
プロジェクト型の仕事にアサインするとその辺のボロが
人によっては思い切りでてしまうということで
今回はそれがある部署全体で露呈しちゃって大変でした。
まぁ「関わる案件、毎回炎上」という人もいたりしますが
それにしても手順とか判断基準とかそういうものを
「口頭」ではなく事前に「文書」にするとかその辺の
作業効率をあげる準備ができない人たちは厳しいなと思うところです。

こんな愚痴めいたこと書いていたらかつての炎上案件を思い出し
そういえば「投げれば炎上」というどこぞの球団のリリーフ陣のような同僚の
敗戦処理的な仕事をしていた日々がフラッシュバックしております・・・
さ、明日は気持ちを切り替えて別の仕事に勤しみます。
ってことであとはニュース。

統一球 今季開幕から変わっていた!

【速報】統一球、やっぱり変わっていた!NPBが正式に認める

【ひどすぎ】日本野球機構、ミズノ社に対して「統一球に関する問い合わせには"全く変わっていない"と答えろ」と指示していた

NPB「教えることで混乱してはいけないと思った」

この「八百長」チックなお話が酷すぎて
ボクのわりと真剣な話が吹き飛ぶ勢いです。
きっと「公表する必要はないと思っていた」くらいの話なんでしょうが
それは普段えらそうに倫理を説く組織としては致命的な過ちで
これは今シーズンの成績にケチがつく話だと思うところです。
とはいえコミッショナーが伏魔殿こと外務省のご出身ということをみると
なんだか妙に納得してしまうのですが、いかがなのでしょうか?

あ~新型MACの話も考えたけど今日はおしまい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック