イレギュラーが正しい

「イレギュラーなインプット」をしたのだから結果が
「イレギュラーなアウトプット」になるのは当然。
これで問題なかったらどこかに致命的な問題があるってこと。
ただ対応する方はそれなりにしんどいんですけどね・・・

6月6日、木曜日、天気は晴れ。
気がついてみればもう週も後半ということで
明日に迫った会社の一大イベントの準備も佳境の本日。
通常業務としては月次の請求対応ということで
取引先に対して先月分の稼動に対する支払い予定額を通知して
それを確認してもらうというフェーズに入っております。

そんなわけで一ヶ月の中で一番ピリッとしている時期、
そして問い合わせ対応などで動けない状況のなかで
イベントの準備をしなくてはいけないという始末。

なぜ毎月もっとも他部署も含めて忙しい時期に
スケジューリングしたのかはまったくもって理解不能。
毎度ながら弊社の総務部は気が利かないを通り越して
考えた結果、迷惑をかけるというイリュージョンを見せてくれます・・・
事前にNGの日程を伝えたのにぶつけるとかもうダメだな。

支払い金額というのは当然、お金に関わることですし
取引先もきっちりと確認して疑問があれば問合せしてきます。
(当然といえば当然なんですけど)
その中にはシステムの操作がわからないといって
毎月かけてくる社長さんとかもおりまして
正直言うとこの対応が結構面倒だったりします。

システムの操作に関してはマニュアルもあるし
そもそもその社長さんたち(何人かの常連)には
画面見ながら一緒に操作を1つ1つやっていくという
「IT企業の社長」に対しておそろしく失礼そうな対応をするのですが
結果がOKならそれでおしまいという人が大半で
まったく操作を覚えないという状況が続いています。

そんなわけで今日も2、3人の常連さんの相手を終えたのですが
そこで発覚したのが支払い金額に一部エラーがあるという事実。
もともとイレギュラーな条件(どうしても必要だった)で発注したので
結果もイレギュラーなことになってしまったわけですが
担当者としては自分のミスとも言えるので凹みつつ、リカバリーにまい進。

幸い上司の協力もあって1時間程度で対象者のデータは修正できて一安心。
中には気がついていない取引先もあったりして
こちらから連絡したら感謝されるというお恥ずかしい展開に。
何はともあれ、問題を最小限の影響で対応できたことはよかったと思います。

ということで明日は通常業務をしつつ午後からはイベント(お祭り状態)。
何がおきるのやらということですが、それはまた明日にでも。
ってことであとはニュース。

中国「3時間だけ尖閣に上陸させてくれ」 米国に土下座、懇願したことが判明

「上陸」を許したらそれは「領有」になるだけ。
そもそもアメリカが許可する事項ではないし、
いま国内がそんな状況ではないのかね?

ワタミ会長 「会社に感謝して社員みんなで涙を流したりもする。これのどこがブラックなのか?」

いいところだけ切り取って反論しても説得力がないよね。
これからバッシング記事は飛び続けるだろうな。

古屋公安委員長「スピード違反した人が納得できるように。人通りのない道の20キロ超過とか疑問に思う」

立場的にはNGなのかもしれないけど支持します。
取り締りには「優先順位」もあるし「ノルマ」はおかしい。
切符切るのを目的にするから協力してもらえないわけで
その辺をちゃんと整理できれば大仕事になると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック