情熱大陸20130804 『林真理子』 #jounetsu

「日曜23時」にこんな映像流すのかと思った30分。
明日への活力源が突如として不穏な空気に。
映像にインパクトがありすぎて中身が薄れた気がします・・・

何が不満なんだ?

ボクが林真理子と村上龍を見たときにいつも思うこと。
林真理子はあまり見ないけど、カンブリア宮殿の村上龍は
いつ見ても「不満顔」に見えて仕方がないのです。
今週の30分は予告時点ではそこが気になっておりました。

と思っていたら冒頭からのあのインパクト映像・・・
風呂あがりに飲んでいたヨーグルトを危うく噴出しかけました。
まぁそれはさておいて、やはり気になる「不満顔」。
もっとも話している内容はそんなことなくて
普通というかそこに何かを切るようなことはなく
林真理子という人が主張し、表現してきたことがでていたのでしょう。
著作も読んだことないのであまり理解出来ておりません。

それにしても30分間を通じて感じたのは
「これぞ林真理子」というなんというか世間のイメージを
ほぼ一瞬たりとも裏切らない日常の光景であり、仕事風景。
そうだよね、好き嫌い関係なく知っている人なら
大なり小なりそういうイメージを持っているよなと思う映像と
その映像になんだか飲み込まれるコメントの数々。
やはり「文章」として表現したときにその真意がでるんでしょうね。
映像だとなんだかそこがボヤっとしてしまいます。

それでも感じるのは「多彩さ」であり「好奇心」の豊富さ。
そのために稼いだお金を投資することを惜しまないというのは
ある意味では非常に羨ましいかぎりだったりします。
ま、「大人の合コン」とか本当まったく共感しませんでしたけどね・・・
(ダメだ、本当に番組内容よりも映像の記憶しかない)

印税と原稿料で食べてる作家は日本に50人

ここですよ、ここ。
そうなんだ・・・と思いながらも誰だろうか?と考えてしまいました。
最近わりと作家さんって普通にテレビ出たりしていて
コメンテーターとかやっていたりするんで誰が、どう?ってわからないですが
「村上春樹」とかそういう人が該当するんでしょうな。
そんなこと考えながら思いついてしまったのが
「勝間さんはどこ行った?」だったりするわけで


結局、女はキレイが勝ち
マガジンハウス
勝間 和代

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 結局、女はキレイが勝ち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



そうか、あの人は「自転車とバイクの練習中か」と片付けたしだいです。
結局、勝間さんの既視感というのは林真理子からくるものであり、
ゆえに本家が不動の存在としてある以上、
どこかでフェードアウトするのは仕方ないのだなと
またも本題とは違うところで考えてしまいました。

正直、共感したのは「手書きにこだわる」ところと下のコメント。

やってしまった後悔は心に傷は残るがやがて癒える。やらなかった後悔は いつまでも消えない

とりあえずやってみるしかないよね。
自信なんかこれっぽっちもなくても動かないことには
何の進展もないことなんて世の中に山ほどあるわけだし。
「自重は敵」ってのと同じですね。

ところでオペラのシーンで林さんの後ろを通った
「白塗りの内舘牧子」似の白塗りお化けはなんだったのだろうか?
あれはさすがにホラーでしたね。


野心のすすめ (講談社現代新書)
講談社
林 真理子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野心のすすめ (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





篠田麻里子『Yes and No Mariko Shinoda』
集英社
篠田麻里子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 篠田麻里子『Yes and No Mariko Shinoda』 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック