どこもかしこも警察ドラマ

最近はどこのテレビ局も「警察ドラマ」をやっているんだな。
でも中身はやっぱり千差万別なわけです。
やっぱりなんだかんだで安定しているんだろう。

1月25日、土曜日、天気は晴れのちくもり。
予報通りに暖かくなった東京郊外。
昼間は外に出てもそこまで寒いという感覚はなし。
やはり気温が13℃とかってなるとだいぶ違います
最近は氷点下の時間帯か5℃以下の時間帯しか
外を歩かないのでもう春のような感覚でした。

そんな土曜日ですがやはり休養がメイン。
なんだかんだでこの一週間もドタバタしましてクタクタ。
ついでに言うと宿題が残っておりまして
自宅で机に向かって構想を練る必要がありました。
とはいえ宿題はサクッと終わらせまして打ちっぱなしへ。

外で体を動かして、一汗かくというのは気持ちいいもので
打球がしょぼいことになっても満足感があります。
(今日は全体的に体が浮いてしまっていた・・・)
ま、ゴルフは明日のレッスンで確認です。

夕方からは録画していたテレビ番組を視聴。
この1月からは各局が警察ドラマを放送していて
それなりに特色があるようですが見ているのは
習慣になっている「相棒」と新しいドラマ「隠蔽捜査」。

「相棒」は各局が警察ドラマを放送するきっかけになったと
ボクは思っているほどに安定しているし、面白いです。
今年の元旦スペシャルなんかも思わず引き込まれるほど
「水曜日21時」はテレ朝の牙城なわけですが
それにしても脚本が練られているなと思います。

一方で当たりだと思うのが「隠蔽捜査」(TBS)
こちらは原作の小説が面白いのでそこを踏襲して
余計なことをしなければ面白くなるのですが
それをTBSがきっちりとやっていて素晴らしい出来栄え。
キャストも「あまちゃんコンビ」とかって書かれていましたが
杉本哲太と古田新太が竜崎と伊丹を演じています。

月曜日20時というTBSが水戸黄門と大岡越前で守ってきた
その枠で放送するのには適したつくりと内容です。
同時にTBSはまだまだこうしたドラマを作る力があるんだなと
再発見するくらいに初回、2回の放送は思いました。
ただ視聴率は伸びていないようで、もう少し見てほしいなと。

あとのドラマはまともに見たことがないので批評はさけますが
やはり面白いドラマは脚本がよくて、そこにキャスティングするパターン。
キャスティングありきでつくったドラマなんてファンしかみないと。
かの「月9」が完全に勢いを失ったのはそのせいだと思います。
と同時にストーリーがいまの時代に合っていないんでしょう。
だから視聴率が下がるということだと。

その辺をテレビ局はもう少しきっちり詰めてほしいなと。
そうすればもっと面白くて、人気のあるドラマがでてくるはず。

かつて「殴る・殴る・蹴る・殴る・そしてタバコ吸う」と
ナンシー関が表現した西部警察や太陽にほえろのような
石原プロベースの刑事ドラマはなくなりましたが
新しいかたちの楽しいドラマがでてきているので
今後もこの流れが続くことを祈っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック