肝を冷やした2時間

いつもどおりに操作したつもりが異常事態に。
全く関係ない操作が影響しているとはさすがに思わず・・・
結果的に潜在的な問題がわかったのはよかったのかも。

1月9日、木曜日、天気は曇りところにより雪。
起きたら外はそんなに寒くなく雨もやんでいて一安心。
昨日とは違って曇っている分だけ暖かいというか
冷えなかったってことなんですけど、寒くないのはいいこと。
もっとも電車の中で座っているとドアが開くたびに
冷たい風が入ってくるのはそれなりにしんどいですね。

午前中は毎月第4営業日にするシステムの処理をしたのですが
そこで冒頭にも書いたように「異常事態」が発生しまして
担当者としては肝を冷やすというか目の前が暗くなるような感覚、
その中で暫定対処とシステムチームとの原因究明、
最終的な役員への報告までの一気に済ませました。

あまり細かいことは言えないのですが
これまでならその操作をするときは他の操作をしないのですが
今日は急遽対応しなくてはいけない依頼が入って
処理直前に別の操作をしたところ、その影響で想定外の結果がでました。
幸いにしてすぐにボクがおかしいことに気がついてシステムチームと
一気に対応できたので(こういうときIT屋さんの集団は強いと再確認)
業務自体への影響はほぼ皆無にすることができました。

もっとも今回の事態は操作ミスなどではなく
システムのつくりにエラーを防げるようになっていたかったらしく
(最初は自分でも操作ミスを疑いました)
他のシステム含めて総点検することになりました。
同時にベテランのおじさんの言った

新しいシステムにはこういうことがあるんだよ

という一言が印象的でした。
やっぱり長く使われている商用システムって
そういう試行錯誤とか経験の上に安定稼働があるんですな。
さすが大きな金融システムのSEをやってきた人は違います。

とはいえこういうことが起きましたので
担当としてはマニュアルだけではなく、ノウハウとして
次回以降の業務へのフィードバックをしていきたいと思います。
ってことであとはニュース。

地検から逃走の男 横浜で見つけ逮捕

凶悪じゃないから大丈夫」 逃走中の”強姦・強盗”杉本容疑者の友人ら、ツイート

まずは一安心。
同時に今回の失態は厳しく問われるべきでしょう。
ただ、問題はこういう救いようのない人間が
数年後には刑期を終えて社会に出てくること。
逃亡を手助けした連中ともどもなんとかできないものだろうか?

「特定労働者派遣」制度が廃止へ

これ一体誰のためにするんだろうか?
厚生労働省の政策って基本的に迷惑なものばかり。
これより先にやることたくさんあると思うんだけどな。
どちらにしてもボクの仕事にも大きく影響するのは間違いないです。

あらゆるものが凍りつく「アメリカの大寒波」がヤバイ…【現地画像】 #polarvortex

アメリカはスケールがでかいな・・・
氷点下4℃程度で寒いとか言えないな・・・寒いけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック