情熱大陸20140413 『プロ棋士チーム(将棋電王戦)』 #jounetsu

できたら3回か4回にわけて放送して欲しかったかも。
それくらいの中身があったと思うんだけど・・・
その点は本当にもったいないなと感じました。
それにしてもプロは勇気を持った人たちです。

「電王戦」。
この数年、将棋界という枠を飛び越えて世間一般でも
ニュースとして大きく取り上げられる戦いとなっていて
新聞やらテレビやらだけに限定すれば最高峰である名人戦よりも
大きく扱われているように感じます。
同時にネットで完全リアルタイム放送されるということもあって
ボクの周囲でも将棋の好きな人が時間を取って
しっかりと最初から見るという話を聞いたことがあります。

コンピューターは人間に勝てるのか?

簡単に言えばこの長年にわたるテーマを
「将棋」という天才たちが競い合うゲームにおいて
追求していくというものだと思うわけですが
ソフトとハードの性能がそれぞれあがったことによって
ただでさえ演算性能に関しては優っているコンピューターが
プロ棋士を上回ってきているというのが現状だと思います。

そしてこの流れはもう止まらないのではないかと思うのですが
(少なくとも「プロ棋士」というだけでは勝てない)
一方で「超天才」といっていい彼らであれば
コンピューターに勝ってくれるのではないか?という期待もあって
その思いが交差するからこそ電王戦というのは
盛り上がるし、面白いのだと思うわけです。

ただ、昨日もツイートしたんですけど
この電王戦というのは「棋士にはリスクが大きすぎる」と感じます。
要するに「勝利」を期待されるのは当然で
しかも勝つ以上に負ける方がニュースバリューが大きくて
下手すりゃ「コンピュータに負けた」という印象が残って
なんだか得しないのではないか?と考えてしまいます。

もっともそれは凡人が考えることであって
きっとプロ棋士の皆さんはより強い相手を求めて
より新しい一手を求めてコンピューターと戦っているのだと思います。
人間相手の対局とは違う状況、繰り出される一手が
己をもっと高めてくれると理解しているから
圧倒的に不利な戦いに勇気をもって望むのでしょう。

そうやって見ていくと今回の放送はもったいないの一言。
5人の対局をあの時間内でまとめるのは無理でしかなくて
なんだかイントロだけで終わってしまった印象。
冒頭にも書いたけど、3,4回かけて放送してもよかったのでは?
今度、やるときはそこまで考えてほしいですね。

この記事へのコメント

そら
2014年04月15日 11:24
いつも読んでますが、思う、という文章でくくりすぎ。人の評価、見方は~と思います。満足感満載と…思います。

この記事へのトラックバック