情熱大陸20140713 『ざわちん』 #jounetsu

「ものまねメイク」ってなんだろうと思っていましたが
想像以上にレベルの高いもので驚きました。
ここまでくると「芸」と言ってもいいのかもしれませんね。

テレビをあんまり見ないというかバラエティをあんまり見ないので
「ざわちん」という単語だけみると何なのかすらわからなくて
人なんだとわかったのは先週の予告編のときのこと。
その時点で湧いたのは「ものまねメイク」ってなんなの?という疑問。

というわけでどんなものなのか含めて番組を見てみると
ボクのようにいまいちピンと来ていない人のことを考えてくれて
どのようなものなのかがわかるように説明されていました。
もっともこの時点でも具体的にメイクをして何をするの?という
ざわちんさんの仕事がピンときておりませんでした。

考えてみればざわちんさん本人が有名人にメイクで化けるのは
意味があるのかもしれませんけど、そのメイクを真似て
一般人が誰かになるってのはどういうことなの?と思うわけです。

ただ、あれだけの人に支持され、結果的に新しい仕事のオファーが
次々と飛び込んでくるということはそこに「価値」があるということを
明確に示しているのだと理解しています。

それにしてもメイクという意味では本当に「プロ」なんだなと。
有名人の写真に映り込む影すらもメイクで再現するということで
メイクそのものだけでなく、照明も、撮影も
自分が納得するまできっちりと追求する姿勢は
「メイクアーティスト」というプロそのものでした。

彼女のメイクを手本にすることで気持ちが明るくなったり
自信を持つ人が出てくるのだとすれば
それは本当に素晴らしい仕事なんだと思います。

ざわちん、杏まね化粧「100点つけたい」

まだ未完成ってところでしたけど
そのうち本物の100点に進化するのでしょうね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック