売らないつもりだったのだが

断捨離なんて格好いいものではないですが
そこそこに本を整理して売り払ってきました。
机の上と部屋の中が広くなって戸惑っております・・・

9月17日、水曜日、天気は晴れ。
先日来というかこの数年、机の上に積み重ねてきた本、
そしてCD、DVDをどうにかしなくてはいけないということで
一昨日、思い切って整理しまして、もう読まないだろうという本は
まとめて今日、近所の古本屋さんに買い取ってもらいました。

なんだかんだで100冊近くありまして自分としては
かなり思い切ったと考えているのですが
それでもまだダンボールに一箱、そして手付かずの本(整理済み)が
部屋には普通に存在しておりまして(どれも面白い本のはず)
今度はこちらにも手を付けなくてはいけないかなと
個人的には断腸の思いであったりします。

そもそも今回整理した本は社会人になってから買ったものばかり。
もともと本を捨てたり、売ったりしないで生きてきたので
(結果として部屋やら机は本に埋まり続けてきたのだけど)
今回もできれば控えめにと最初は考えていたのですが
整理をはじめてしまうともうそんなことを言っている場合でもなく
むしろ机の上が空っぽになるという素晴らしさを優先しました。

その昔、本は売らない。
なぜならそれが自分の思考に影響を与えたものの記録だから・・・
的なことをどこかで読んだことがありまして
実際、資料はわりとあっさりと捨てることができたものの
買った本は極力手元に置いておくようにしてきました。

ただそれも程度問題で「書庫」があるような環境であればの話で
「そのうち床が抜ける」なんて言われているような状況では
いずれ整理しなくてはと理解していたので
今回思い切って片付けられたのはよかったのではと思います。

結果的に買い取り価格は3000円程度でした。
これが高いのか安いのかわかりませんが
新しく2冊くらいは本が買えそうなのでありがたいです。
もっとも最近読みたい本が減っているような気がして
なんかその辺は出版社さんのトレンドと合わないのかも。
ま、このお金は書籍代にしたいと思います。

ってことであとはニュース。

朝日新聞出版に不正競争防止法違反の疑い

【慰安婦誤報】「朝日バッシング」に声あげる~緊急リレートークが開催「もの言えぬ社会つくるな」「いまは朝日の応援が大事」

これだけ不祥事起こし続けて何を庇うのだろうか?
もっとも応援メンバーの酷さは目を覆いたくなるレベルで
まさか慰安婦問題を煽った福島みずほの旦那まで出てくるとは・・・
本当にいつもの皆さんの絶滅危惧種っぷりが際立ちますな。
っていうか朝日新聞出版は完全にアウトでしょ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック