情熱大陸20150322 『田邊優貴子』 #jounetsu

なぜそんなに過酷なところに行くの?って思う人もいるだろうけど
「行ってみたい」と思ったら一直線になる方が健全だよね。
ただ南極には簡単には行けないんだけどさ・・・

「国立極地研究所」はわりとうちから近い場所にあって(隣町)
今回の放送前に南極って聞いた時には既に
あそこの人なのかなとアタマに浮かんでいました。
「南極」をはじめとする極地って確かに興味あるんだけど
どうしても「氷の世界」というイメージが強くて
その映像がステレオタイプのように流れるので
今回のように氷の下が映ったりすると
単純にテンションがあがってしまいます。
(ペンギンも可愛かったですね)

確かに太古の世界が氷によって閉じ込められている南極には
まだまだ未知の大発見が眠っているんでしょうが
それにしても研究環境としては本当に過酷ですね。
テントが飛ぶかもとか、普通に帰ってこれるかって考えても
まったくおかしくない環境なわけですけど
そんな場所を愛して飛んでいけるところが
田邊さんの素晴らしいところなんだと感じました。

来年には一年四ヶ月にもわたる長期の南極行きが待っているとか。
大変かもしれませんが、できればもう一度取材してほしいですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック