史上最大のジャイアントキリング

絶対負けるだろうと思っていたし、善戦したらOKだと思っていたのに
まさかこの大舞台でこんなに劇的な勝利が待っていたとは・・・
「史上最大のジャイアントキリング」と呼ばれ続ける試合になりました。
世界一練習したチームだからこその試合なんですけどね。

9月20日、日曜日、天気は晴れ。
もっとも今日は「9月19日」という日が日本のラグビー史上、
世界のラグビー史上に残る歴史的な一日になったということがすべて。
国会前のデモにほとんど人がいないとか報道されなくて当然。

南アフリカ代表 vs 日本代表

世界に衝撃!日本の大金星。世界3位の南アフリカを撃破

日本代表、南アフリカ代表に勝つ

他のスポーツに意外と例えようがないことがすごさの証。
サッカーだとブラジルでもドイツでも実は何回かに一回くらいは
まぐれで日本代表が勝つことがあってもおかしくないのですけど
ラグビーというスポーツは既に報じられている通り
「格下が格上に勝つ」ということが実におきにくいスポーツで
ましてやこれまでワールドカップで1勝しかしていない日本が
過去2回優勝、今回だって優勝候補の南アフリカに堂々とわたりあって
最後に逆転勝ちするなんて・・・考えもつきませんでした。

「映画化決定」って言葉が浮かぶくらいの劇的な勝利。
そりゃNHKの実況も「行け~!」って言うよな。
繰り返すけど南アフリカに勝ったんだからね、しかもワールドカップで。
もっとも国内よりも国外の方が驚いているし盛り上がっているけどさ。

日本代表が史上最大のアップセットを起こせた要因

エディージャパン、歴史的勝利の理由

80分間、延々と粘り強くディフェンスするということ、
そして走り負けないということを実現するために
このチームが4年間、間違いなく「世界一練習した」わけで
その1つの集大成が今日の試合だったといえます。
NHKのプロフェッショナルで見た時も過酷だったし
そりゃ選手たちが言うんだから間違いない。
積み重ねた努力は裏切らないということを突きつけられた気がします。

世界トップレベルの監督を招聘し、コーチも様々な分野から
それこそトップレベルの人にゆだねて、練習量は世界一・・・強くなるよね。
今回ラグビー協会はやれることすべてをやって臨んでいるはずで
逆に言えばこのやり方を継続し、洗練していくことが強化なのだと思います。
まだ初戦だけだけど、この勝利がもたらす効果はとてつもないはずなので
次のスコットランド戦も頑張ってほしいです。

南アフリカ撃破!全世界からの「必敗」予想に抗い、勝利だけを求めた勇敢な男たち、その名は「ブレイブブロッサムズ」。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック