左指3本

「左指3本」の握る強さでこんなに変わるとは。
っていうか結構悩んでストレス溜めていたのは
一体何だったのだろうか・・・

アイアンを買い替えて、シャフトがカーボンになってからというもの
いままで散々得意というか安定していた7番アイアンが絶不調。
時折、気持ちいいくらいのボールが出るけど、大抵ダメダメ。
ダメだと知らないうちに体やら頭の位置がおかしくなっていって
どんどん悪循環に嵌ってしまうのがここ2週間の感じ。

とりあえず今日は頭の位置は自分で注意することで
ダフリ的なものはほとんどなくなったのですが
相変わらず左に引っかかる(というかヘッドが返ってしまう)のは
まったく改善されないのでコーチに聞いてみると
「左指3本をもう少ししっかり握ってみて」とのこと。

ダメなときは手首を返さないようにとか
外に向けて打ってみるとか(結果しょぼいドローがかかった)
いろいろやってみたのですが、ここだけは盲点。
ってことでいつもよりしっかりと握って打ってみると
殊のほかいい手応え・・・なんだこれ?

そこからは握る強さを少しずつ調整してはまったら・・・
打球がバッチリになりました、本当あっという間。
勝手にヘッドが返ることはないけど、ボールは捕まる。
結果、ヘッド自体は走るのでボールは飛んでいく。

まったくこれだけで変わってしまうんだから
ゴルフのスイングってのは繊細なものです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック