盗っ人猛々しい

セクハラに限らず「ハラスメント」はあってはならないけど
まさかそれを被害者サイドで隠蔽しようとするとは・・・
「説明責任」「任命責任」「道義的責任」というのであれば
あなた方が率先して範を垂れるべきじゃないですかね、テレビ朝日さん。

「女性社員が財務次官のセクハラ被害」テレビ朝日

いやいや随分と唐突にきたね、テレ朝と思ったけど
なんで「週刊新潮なの?」という疑問への回答にぶっ飛びました。
まさか上司が公表を止めたので、出版社に録音を流したって・・・
被害に遭われた記者さんからしたら、それこそ二重の苦しみじゃないの?

それをいけしゃあしゃあと「財務省に抗議」とかいまさら言っている
テレ朝のエラい方は感覚がおかしいとしかいいようがないですよ。
と、同時になんで随分と前からハラスメントが起きていることを知りながら
担当替えもせずに財務省担当のままにしていたのだろう。
それがこの件のもう1つの謎。
はっきり言ってテレ朝は組織としてこの状況を「受容」していたの?と。

セクハラ問題に詳しい弁護士 テレビ朝日の対応を疑問視

一義的には財務省の福田次官がよろしくないわけですが
何というかもうテレ朝の組織として、報道機関としての振る舞いのほうが
明らかに悪質に感じてしまうのです。
こんな組織が、「任命責任」とか「説明責任」とか「道義的責任」って言って
無関係に近い首相を延々と批判していたかと思うと盗っ人猛々しいとはこのこと。

過去に自社でハラスメント対応をしたことがある身としては
今回のテレ朝の対応は恐ろしいほどに酷く拙劣。
弊社では翌日には事実を踏まえた処分案が固まったけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック