左へ

左に曲がるのに左にスイングするってのは怖いもの。
原理はわかるけど、心理的には壁がある。
結果は出るけど、やっぱり怖さってなかなか抑えきれない・・・

もう自分でもわかりきっているけど、フックボールを
修正する練習がうまく完成しない・・・
冒頭に書いたとおりなんだけど、
それが自然にどうしてもできてこない。

やっぱり「左」に曲がるのに「左」に振っていくのは
本当に怖いもので、ちょっと間違えばさらに酷いことに。
実際には体を少し左に開いて打てば
ちょっと振り遅れ気味になってまっすぐ飛ぶのだけど
それでも怖さが無意識に出てきてしまう。

あとちょっとのようで、なかなか分厚い壁だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック