気ままな雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 老醜

<<   作成日時 : 2018/08/30 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「そんなつもりはなかった」とか「君のためをおもって」とか
まぁハラスメントの加害者の発言はいつも同じ。
少なくともそういうニュアンスの行為を行った時点でアウトですよ。

日本体操協会 パワハラ調査の三者委設置へ

塚原副会長のウソ発言は「非常に、残念」 体操協会が第三者委員会を設置 会見全文

昨夜の「専務理事」の会見はなんだったのか?と言いたいけど
何はともあれ動きとしては迅速だなという感覚。
もっともコーチの暴力に関する処分の決め方は拙速に見えるので
なんでも速さだけが取り柄なのかもしれませんが。
何れにせよ、「ウソ」と当事者が言い切ってしまった以上、
調査で新事実が出てきた時点でアウトという状況だし
協会としても「頼むから一旦黙れ」という気持ちだろうね。

体操協会 女子強化本部長 「指導のつもり」と反論

塚原氏「黙ってないわよ」パワハラ否定

にも関わらず火に油を注ぐのが「スポーツ関係者」の常のようで。
文字面だけ読んでもこのご夫婦が「パワハラ」のなんたるかを
ちっともご理解されていないことが伝わってきていてため息。

同時に元選手を中心にMetoo的な動きがあることを見ると
これはかなり根深く、常態化していたんだろうと推測できます。
それにしても昭和の時代に功なり名を馳せた方々が
平成の終わりに老醜を晒す姿をこんなにも見るとはね。
スポーツ界は輝いていた分だけ醜さが際立ちます。

だいたい70歳超えた夫婦が公的団体の要職にいて
下の世代が出てきていない組織なんて機能不全か衰退へまっしぐらでしょ?
いつまでも俺たちがいなけりゃなんてロクなことない。
これは企業も同じ。

きっとあるところまでは情熱メインだったのだろうけど、
どこかで権力を手に入れて変わってしまったのだろう。
少なくとも採点問題でボイコットが起きた時に
潔く身を引いていればよかったのだろうけど
そこまでいかなかったことが今回の原因の一つだとすれば
出処進退ということをスポーツでも教えていくことは大事だね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老醜 気ままな雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる