もう手遅れ

少しは明るい話も書きたいところですが
やはりこの件、触れてくなるんだよね、危機管理の実例として・・・

「NGT48」メンバーの自宅に男2人が押しかけトラブル 新潟

第一報っていうか「山口さんの訴え」からもうすぐ一週間です。
正直、どれだけグダグダな運営組織であっても
そろそろ「一時的な調査報告とけじめ」をつけるかなと
さすがに曲がりなりにも芸能界における一大グループなんだから
ちゃんとした危機管理はできるんだろうと想像していたんですけどね。
まさかここまで出来の悪い連中による烏合の衆だったとはね。
こんなもん「握手会」なんて危険で運営している場合じゃないだろうに。

そもそも当初は「公表の予定はなかった」というだけでも
まともな組織というか管理者がいないことは明らかなんですけれども
ことこの期に及んでまともな事実報告もできなければ
言うに事欠いて「法に触れたメンバーはいない」という正気の沙汰とは思えない
会見をしてしまうのだから呆れ果てるばかり。
「神田明神」でこんな不祥事の体たらく会見してバチがあたるぞって話です。

確かに「事実」と言えるものはほとんど明らかになっていません。
唯一言えるのは山口さんが本来安全である「オートロックのついた自宅」において
ファンということになっている複数の人間に襲われたということでしょ。
どう考えたって、運営が借りているマンションの同じフロアに「ファン」がいるって
そんなことあなた方がどれだけ主張しようが、信じてもらえるわけ無いだろうって。

だったらいますべきは「事実の一刻も早い解明と対処」でしょうよ、防犯ベルではない。

でね、「帰宅時間を教えたメンバー」ってのはいいのか?ってことですよ。
そりゃ違法ではないにしたって、それが何を生むかはわかるわけで
これさすがに誰が、どんな理由でしでかしたのかはっきりしないと。
そしてそのけじめをつけないと・・・
「会いに行けるアイドル」が「犯罪者のいるアイドル」になっているよって。

もう正直、小手先の対応ではどうにもならないんです。
これだけ初動対応をミスった企業はそうそうございません。
そしてミスった企業がどのような危機に陥ったかは
ちょっと調べればすぐにわかります(雪印、三菱自動車、カネボウ・・・)
それ以上に初動をみすったNGTさんはもう手遅れかもしれません。

いわゆる大都市ではないところでのはじめてのモデルケースが
まさかこんなかたちで崩壊にむかうとは・・・ファンも地元も気の毒然り。
何しろこのままだと「新潟」のイメージすらダウンさせる一方ですからね。
事実、いま「新潟」っていったらこの事件ですよ。

当該責任者は「異動」という名目で行方不明、
情報漏えいメンバーは特定もせずに野放し、
クリアになっていないのに能天気の「成人式」もないだろうって。
ここまでアホな危機管理もなかなか見られないし
ボクはファンでもなんでもないけど
さすがにこれは酷すぎるし、ファンが報われないんで
あらためてきちっとした対応と広報をしてあげてほしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック