リモートワークさせたい

雨の月曜日の朝。
電車が止まって大変とかそんなことばかり。
だからこそ、やるべきことがあると思うのですが・・・

朝っぱらから小田急線が止まったとか
4月ってこともあって各所で電車が遅延しまくっていた月曜の朝。
予報よりも早く雨が降ってしまったことが原因の1つなんだろうけど
それにしても「必死で出勤」はどこまで義務化されているのか?って
毎度ながら疑問と呆れが半々。

こんな状態のときに無理して出勤しなくてはいけない人って
本当にどれだけいるのかね?と思うのはもちろん傲慢なんだけど
それにしたって店舗をあけるとかそういうことを除けば
やっぱり無理して、メチャクチャな混雑の中を
オフィスに出勤しなくてはいけないというのは間違っていると思う。

だからボクは「リモートワーク」を導入したいのだけど
弊社内では大変に壁が高くて挫折気味というか諦め気味。
もう2年前の時点で「リモートワーク検討」をして
周囲の部門のトップたちに説明したけど
返ってきたのはびっくりするほどのダメ出しと
明らかに「やりたくない」という言い訳だった。

「本当に仕事しているかわからない」
「セキュリティのリスクが」
「いざってときに指示が出せなかったら」

あーあ、って感じでしょ。
社員が自分の目の前にいないと不安だとか、サボるとか。
自分の部下をどこまで信用していないんだよって話。
自分のマネジメント能力が低いか、仕事をちゃんとプロセスレベルで
整理できていないって言っているようなもの。
もちろん彼らが「客先常駐」でしか仕事をしてこなかったこともあるんだけど
それにしても残念すぎてアウト。

自分の部門には障害がある人、育児や介護で時短ではたらく人が
ちゃんといるのにリモートワークを導入しようとしないってのがね。
どんな人も楽しく自分のパフォーマンスを発揮できる環境を作るのが
経営者の重要な責務の1つだと思うのだけど、なかなか進まないことに
もうそろそろ限界だよって話です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック