第2段階

若手の指導というのもおこがましいけど
そろそろ少しずつ「第2段階」に移ろうかというところ。
次は「優先順位の付け方」かな。

10年くらいシステム開発の現場にいたとしても
うちの部署の仕事は別物の部分も多いので「ビギナー」として
1つずつ仕事をこなせるようにするのが第1段階って感じで
半年くらい指導をしてきたのでそろそろ個々の部分では
「お任せ」もできることが増えてきた。

2名の若手はそれぞれ特性がはっきりしていて
それでいて一生懸命なので正直教えがいもあるし期待もしている。
一方で上司たちが平然と「丸投げ」したせいで苦しんだこともあり
その防波堤になりつつ、でもちゃんと仕事してもらいたいというところで
日々考えることもあるし、反省することもある。

で、今日、ちょっとだけ厳しいことを言うことに。
「いまできること」「早くやったほうがいいこと」の2つが重なっているタスクについて
「月曜かもしくは火曜くらいには」という締切を言ってきたので
「これが最優先。大至急対応して」と一言。

開発現場に早期に展開すれば、それだけ皆さんに余裕が生まれるのに
今の目の前の自分の仕事だけ見て、順番をつけていることがよろしくない。
そもそも昨日の段階でもできたのにやっていないということが問題。
ってことで普段はしないけど「有無を言わさず」というスタンスを取った。

「勘はいい」「要領もいい」。
だけどとにかく手近なところからやってしまうタイプには
きちっと優先順位付けとその判断基準を仕込まないと
これから先、間違いなくよろしくないことが起きそうなので早めの対応。

終わったタイミングで「なぜこのタスクが最優先なのか」という話はしたけど
(本人に聞いたら、答えが出せなかった)
そろそろ第2段階に入る必要が出てきたかなと。
個々のタスクはこなせてもそこから先、自分で判断して組み立てられるようにならないと
いつか行き詰まってしまうからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント