情熱大陸2015719 『又吉直樹』 #jounetsu

いろいろ言う人もいるんだろうが受賞は快挙。
同時にこの人はあくまで「芸人」であることが軸なので
これからもブレずにいままで通りにいてほしいです。

初めて見たころは相方綾部の影に隠れて
なんだか影のある人だなと思いつつも
こういう人が面白いのが世の常だったりするわけで
この2年位のブレイクには驚きはありません。
強いて言うなら従妹が月一のライブに通っていたことを
思い出してなかなかに着眼点がいいなと感じたほど。

「小説家」としてはまだ一作しか書いていないわけですが
同時にその一作目がいきなり大ヒットとなったわけで
世間的には才能開花、大先生という扱いになってしまうでしょうし
そこに芥川賞まで載ってきたらいやが上にも「大先生」として
次回作であるとか、作家としての仕事の依頼が増えるのは
仕方のない話ではあります。

一方で本人は今までどおりの生活であり仕事が
普通にできなくなってきていることに戸惑っている感じ。
おそらくはいままでの自分のやってきたことが
急に大層なこととして扱われるようになってしまい
普通にできなくなっているように思えました。

それでも極力、いつものペースで仕事をしているようですが
おそらくこれから数ヶ月は「小説家又吉」が大きくなって
その分、芸人又吉へのフォーカスが世間的には薄くなりそうです。
でも、そのあとのことを考えたら今のままで普通にしていほしいですね。

"情熱大陸2015719 『又吉直樹』 #jounetsu" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。