情熱大陸20150816 『谷川俊太郎』 #jounetsu

名前は知っているけど、作品も読んでいるけど
話はおろか声もまともに聴いたことのない人。
そういう人ってたまにいるのです・・・

83歳なのですね。
年齢的に言えば自分の祖母と同じ年齢でして
「高齢者」なんて言葉で括るのは間違いだなと感じます。
うちの祖母も電車は乗るし、車で長距離旅行するし
戦後70年なんて語っているけど、元気なのは変わりません。

「谷川俊太郎」という名前を知らない人はいるかもしれないけど
普通に日本で学校に通って国語を勉強していたら
谷川さんの作品を読んだことのない人はいないでしょう。

ボクがすぐに思い出すのは「かっぱ」という詩。
あの言葉のリズムの良さがアタマに残っていて
谷川さんときくと「かっぱ」と思い出すほどです。

「詩」って聞くとどこか身構えてしまうところがあるのですが
今回の放送で聞いた谷川さんの作品って「うんこ」とか
さっきの「かっぱ」もそうだけど小学生男子の感性を
思い切り刺激するテーマが多くて、だからこそ愛されているのでしょう。

番組の最後に流れた「日本と私」という詩も
文字にして読んでみると「国」って括りで固執することは
あんまり意味が無いような気がさせられて
そこが谷川さんの凄みなのだと感じました。



"情熱大陸20150816 『谷川俊太郎』 #jounetsu" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。