3年越しの変更

担当者が意固地になって固執していたものを3年越しで変更。
「丸投げ」するとそういうことになるよという典型。
客観的にみればそうでしょ?って話でしか無いのだけど・・・

お取引先と社内両方にに展開する資料について
後輩が全担当者から丸投げされてかなり苦しんでいたので
相談に乗るというか、もう積極的に関わってレビュー。
よくあんな酷い丸投げされたのに頑張ったなという感想。

同時に考えた意図や着眼点はいいのだけど
アウトプットとしてはちょっとまだ足りないところがあるので
アドバイスというかその意図ならこんな表現はどう?ってものを
作ってみて説明してみました。
そういうの本当は丸投げした当事者がすべきなんだけど・・・

結果としてはこちらの意図を理解してくれて
いい感じで取り入れてくれた模様。
でもこ2年前の段階で指摘した内容なんだよね。
今回丸投げした先輩が意固地になって受け入れなくて
「わかりにくい資料」が社内外に出回ることが
本当に嫌だったのだけど、それも解消できそう。

ようやく3年越しで自分の意図が反映できてちょっと満足です。

"3年越しの変更" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。