ストレスからの2冊目

ストレスからの2冊目。
急激な読書意欲がストレスを消し去ろうとしている感じ。
読んでいるとアタマの中がスッキリする。

これ書いている目の前では「ガイアの夜明け」が
食品ロスを減らそうというテーマで放送中。
もっとも「友人と共同でタピオカを9トン輸入したけど」という
嘘にしては杜撰な設定の現実が流れていて
その9トンを売り捌くビジネスがあるんだっていう発見。

新宿駅近辺なんて次から次へとタピオカ屋さんができていて
立ち食いそばの跡地が2件くらい変わったし他にもチラホラ。
明らかに過剰だし、おそらくこの冬を越えられない店もありそう。
仮に越えても夏場は・・・
どうみてもビジネスとしての見通しの甘さが気になる。
もっともそのうち変わるだろうと思うので現実的には問題ないはず。

で、読書2冊目。
今度は「論点思考」という「仮説思考」の続きというか系列。
仮説思考の方は自分が普段何気なくやっていることが体系化されていて
ちょっと自信を持ちたくなるような内容。
自分は単に「臆病」なので先に仮説(アイデア)を立てて
何人かに話してブラッシュアップしていくってだけなんだけど
それでも確かに仮説思考っぽいことやっているんだな。

とにかく急激に本を読みたくなる状態。
「勉強したい」というのは大抵、危機感を覚えたときなんだけどね。

"ストレスからの2冊目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。